Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

05月« 2017年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 「こりこり~」 と♪

「こりこり~」 と♪

母は

朝の起床介助でのベッド上で

私がパジャマ下を脱がせると同時に

自分のお腹あたりをポリポリとかきます。

ほとんど必ずと言っていい位です。



自分もパジャマを脱ぐ作業をしているつもりなのか、

掛け布団を取られての温度差で皮膚が寒冷に反応して

ホントにかゆいのかはわかりませんが。


私が 「こりこり(これこれ)~~」 と言って

手を移動するとそのままスンナリ応じます。




時々、手の親指を口に入れます。


やっぱり私に 「こりこり、やめなさぁ~い」 と言われて

手を外されます。 で終わります。



先日は笑えました~ 


やっぱり手を口に入れたので

「こりこり、赤ん坊ちゃんじゃないんだから~ ね」 と言いましたら

「ぁ・・・、そね(そうね)」 と答えたのですよ~

予想しない答えが返ってきたので嬉しかったですし、すごく笑えたです。



私の言い方は

「これこれ」 を 「こりこり~」 とちょっとふざけたニュアンスです。




母は ”やっちゃいけません” を知っているようです。

だから言われたら素直に応じます。


というますか、

毎回やるたびに、毎回同じ私の反応です。

ただ慣れてる?!! だけ


じゃ最初からしなければいいのですが

そこはアルツハイマー病認知症なのですよね~



先日「フェアー」でも

やはり指を口の中に入れたので

看護師さんが 「おいしいですか~」 と言いながら手を離すと

あはは~  と笑ったそうです。 「連絡帳」より。



今日は母の眼脂が強かったので

日中「フェアー」でも点眼をお願いしました。



母の今日という一日も

無事に平和に穏やかに終わりました。


最近は夜中大きな声で発語することもなく、

よく眠っている状態が続いていますよ。



           クリックお願いします
                 ↓
           
           3年前画像。
           よく母を連れて近くのコーヒーショップへ 。
           この時すでに重度の認知症で介護度5でしたよ。











*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう