Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

06月« 2017年07月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 実になること。

実になること。

今日の夜授業はちょっと前に終了して。



生徒にドライにした自家製のローズマリーティーを渡しました。

喜んでくれました。

職場に持って行って飲むことにするそうです。

ローズマリーテイーは彼女のお気に入りです。


勤め人でしかも新婚なので家事労働もありの多忙でお疲れの中、

毎週英語を学びに来ます。


頑張れ、大人女子であります。 必ず実になりますからね。




今日は

「フェアー」からのお迎え時に

看護師さんに母の端座位を見ていただきました。


前回は立ち位を見ていただいて。




今の母はここ数日続いているのですが、

起床介助時のベッドでの端座位以外に

車椅子でも出来るようになってきています。



今までは車椅子に座っている母の両脇から

こちらの腕を入れて抱きかかえて立ち上がらせていました。



今は足位置を安定させて腕を引っ張りますと

母は自分で前屈みに身体を体重移動させるのですよ。

しっかり自力で端座位です。

そこから立ち上がりに入ります。



母の身体が以前より柔軟になり、

それによって端座位・立ち位の安定が顕著(?!)にみられることを

看護師さんと確認して。



母も私も介助が以前に比べて楽になりましたよ。




脳梗塞発症時は

カチンカチンの巨大な冷凍マグロが一匹横たわり、

それを動かすような感じでしたから。


母だって

無理に動かされたり起こされたり、

時には痛かったり負担だったに違いないですから。


ま、 「痛かった?」 とか 「大丈夫?」 と聞いても

母はアルツハイマー病認知症のひとなので

返答がありませんでしたが。。。。




毎日毎回の積み重ねと継続がリハにはホントに必要なのだ と

実感です。

母と私のふたりで頑張った共同作業。


それが少しづつではありますが実になってきていますよ。



            クリックお願いします
                  ↓
              
          但し、介助時の転倒だけは十二分に気をつけなければ!
          としっかり気を引き締めないとね!! 











*** COMMENT ***

lotosblumeさんへ

lotosblumeさん、おはようございますe-343

お天気、どんよりですね~ 明日は晴れそうです。

母との生活は楽しいです。
もっと快適に介護生活を過ごすために
母にあれこれやりますが
それが結果となって出てきますので
この達成感がたまらなく面白いです。

でも一番は
母がそれに答えてくれるのです。
母が嫌がることはしない主義での介護ですが
母が応じて答えを出してくれて
ホント共同作業なのですよ。
母は私を育てています。

母の中の、
身体と脳とか心とかでなく、
魂が私に寄り添っていてくれています。

とても幸せです。
いつもありがとうございます!!

NO TITLE

良かったですね~ 本当に・・・

juliaさんの頑張りには目を見張るものがありますよ。
ブログの読者さんはみんな、元気づけられていると思います。

私はアルツハイマーのことなど何も知りませんけど、
ときどき、お母さまの頑張りもこのブログから伝わって来るのです。

その通りですね。
juliaさんとお母様の共同作業。
素晴らしい結果が出ています。

良かったですね~ 本当に・・・
私も嬉しいです。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう