Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

04月« 2017年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 親子が繋がる瞬間

親子が繋がる瞬間

今日は「フェアー」お休み日。

母、瑛太そして私と家族さんにんで過ごす日 




昨晩の足湯マッサージの時、

母の両脚が若干浮腫み気味のような気がして。


なので

その後母がベッドに入ってからしばらくの間は

ベッドの機能を脚を上げた状態にして。


夜間はいつも通り体位交換の機能だったけど

私の早朝起床時にまた脚を上げた状態の機能に戻して。



母が起床した時点のパット内オチッコの量は半端ない大量。。。。

パジャマの上衣背中部分まで濡れていましたよ。


浮腫みもなくなっていました。良かった。



いろいろケアを毎日毎回いつもの日常として、

そばにいて続けているので

それを通して母の変化がすぐにわかります。



今日の母用朝ごはん
17,04,07

麻婆豆腐に自家栽培の二十日わけぎ乗せて。
   お肉はミンチでもお酒に十分浸してつぶしてから炒めます。
   ミンチのポロポロ感をなくして(誤嚥予防対策)。
   しっとり柔らかくなります。

グリーンピースと生クリームとパセリ。
   グリーンピースはポタージュというより、重いモッタリ感で温野菜として。

玄米粥にヒジキだけの煮つけを細かく刻んで乗せて。二十日わけぎも。

シジミのお味噌汁、片栗粉トロミで。
   母は汁だけでシジミのエキスを。 実は私が食べます 


これらを冷ましている間に先にGreen Smoothie 。
   葉っぱと果物で生の酵素の摂取。




今朝も母は咽込みもなくお口パクッと開けてくれて完食でした。

ま、普段から残すことは基本的にありませんが。





訪問マッサージも午前中に終わって。


先生は ”男子、厨房に入る” の料理好き 

子供のお弁当作りもしています。


今日は

お弁当の蓋を開けたら、二つとも白いご飯だけにしたそうです。

勿論、ご飯の下にはちゃんとおかずが隠れています。


「子供が蓋を開けたら驚くだろうな~ ご、ご飯だけ?!!と」 と

ちょっとイタズラです 




私は、先生の、その茶目っ気ぶりに大笑いしながら思い出しましたね、

幼い頃に母が作ってくれたお弁当の時間。



お弁当の蓋を開けた瞬間、作ってくれた親を感じるのですよね~。


親子が繋がる瞬間でもあります 


作り手も食べてくれる子供を思いながら作るのでしょうね~

ちゃんと食べてね と。



          クリックお願いします
                ↓
          
          我が家のベランダの”二十日わけぎ”
          柔らかく細かくで母向きです。成育も早ッ!















*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう