Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

04月« 2017年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … とりあえず検査結果を聞きに。

とりあえず検査結果を聞きに。

朝、昇ってくるお日様は素晴らしかったです。



なのでウォーキングに出ようと思っているのに、

なぜかガスレンジの掃除をしてしまった。。。。


何故あの朝の早い時間に

私の頭の中でガスレンジの掃除が優先されたのか、

不明~ 

気分すっきりで、ま、いっか~




ヨーグルトもガッツリ食べて。

今日のは豆乳で。 前日の夜にヨーグルトメーカーにセットして。
17,03,09

この豆乳で作ると木綿豆腐風。 400ccふたりで一日分。



母は「フェアー」へ出かけました。 お風呂入りに皆に会いに 


その後、

一昨日母が受診したクリニックへ受診結果を聞きに行きました。




検査結果で

アルブミン値は0.1下がっていました。


老人なのでこんなものです ということですが

母の栄養食事管理にかなり気を使っていてもこんなものか と、

もしそれをやらなかったらお母さんのアルブミン値は一体どうなるの と、

あっというまに栄養不良から褥瘡起こしたり、免疫力低下したり、

あっというまに寝たきりやら死んじゃったりするわけね と、

そういう意味での ギョエ と感。


他の数値も問題なくでした。




そんな私の思いも露知らず、

母は排便順調、おしゃべりちゃんでお元気ちゃん 


傾きも

「フェアー」お出かけ用車いすを利用して帰宅すると

首が左に傾いている時があります。 昨日はあり。今日はなしでしたが。


傾きがあっても自宅用車いすに乗り換えて一時間もすると

傾きが治まります。

今はそんな感じになっています。 


母の場合、

車椅子でこんなにも身体的影響が違うとはちょっと驚きです。




今回の受診は

いずれ訪問診療医としてお願いするかどうかの見極めもありますが

今のところ保留の暗中模索中。



医療は母のいのちに関わることですので

多くの選択肢の中から慎重に進めていくつもりです。


ま、母は今のところ、何の緊急性もありませんから

その件に関してはちょっと時間をかけられています。




今晩はこれから授業で私はお仕事。

母は待機のお仕事(?!)お願いして。

おしゃべりが止まらなそうなのでベッドの中で 

そのまま眠ちゃうかな、お母さん。



明日は母はお休み日 


         クリックお願いします
              ↓
         
        一年前の脳梗塞時に手首式から上腕タイプに変更。
        しかし朝私が計測するとものすごく不安定。。。
        「フェアー」の看護師さんに腕の置き方を教わったら  
        安定した。。。 一年間何やってたの?!私状態     












*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう