Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

08月« 2017年09月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … HUGやらチュッやらコチンやら ♪BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … HUGやらチュッやらコチンやら ♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HUGやらチュッやらコチンやら ♪

今日は曇っていて小雨も。


母は「フェアー」お休みなのでふたりでお家に籠って の感




HUG、HUG,  (´∀`*)ε` )チュッ チュッ と  いっぱいして。


母をよく抱きしめます、身体介助以外にも。

すぐ顔を突き合わせて、おつむとおつむをコチンしたり、

ほっぺにチュッしたり。




でも人前ではあまりしません。


日本人は日常的感覚として慣れていませんからね~。

することにも慣れていないし、見ることにも慣れていませんから。



私が母に チュッ すると

皆さん、大抵ほとんどの場合、 困ったような~ 照れたような~ 


時には見てはいけないものを見てしまった~ 感もありますよ  




私にとっては

身体の感覚器官を使っての挨拶やらコミニュケーションです。



See、 Hear、 Smell、 Taste、Feel、 の五感感覚器官の中で、


母は アルツハイマー病のなので Smell は壊滅状態。

(アルツハイマー病の発症によって

この5感感覚の中で一番最初にダメージを受けるのが

Smell(臭覚)といわれています。 母もその典型的なひとりです)


See、Hear そしてTaste の身体的知覚は出来ます。

が、その対象を脳で認識する精神的知覚 Notice はほぼ壊滅状態。



残った Feel はまだまだ健在です。


だから手を握ってあげたり、HUGしたり、チュッしたり で。

足湯マッサージも朝起床介助時のマッサージも同じです。




触感はぬくもりと共に心地よいらしい~ 母にとって


誰もが生まれた時、

母親にまず HUG されて以来持つ感覚です。



HUG やらチュッやらコチンやらマッサージやらで母に触れて

やってあげる私も心満ちた気分になって心地よい~~ 





友人が卵を購入してきてくれて届けてくれました。

そして自家製の ”フキの味噌煮” も頂きましたよ。
17,03,06

私は昨日ご近所さんから頂いた ”タクワン” をおすそ分けして。

今晩、彼女のお家と我が家の(私の)献立は

似たり寄ったりだわ~~多分 



今日は

母は訪問マッサージも終わりました。 


明日は

いずれ在宅医療をお願いするであろう の前提のもと、

そのドクターのクリニックへ診察を受けに行きます。

 

          クリックお願いします
               ↓
          
          最近の瑛太坊ちゃま君は
          水頭症の影響で視野狭窄が進行していて
          あまり見えていない様子です。
          十分な老犬でもあります。 
          でも日常生活には全く支障なく。  









*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。