Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

06月« 2017年07月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … これから通所利用を減らして。

これから通所利用を減らして。

青空とお日様で。


日中、ベランダのそばで部屋に差し込むお日様を感じながら

母とふたりでちょっと日光浴 



母の食後のコーヒーゼリー
17,01,26 2



最近は朝いちばんの自分のコーヒーを淹れる時、

コーヒー大好き母のゼリーも。
17,01,26_1_convert_20170126173012


来月のスケジュールの調整。


まず生徒の授業予定日確定、友人とのランチ日も確定。

ひとりは夜飯飲み会の日程が合わず。。。 後でねと。

その他所用でのお出かけ日も確定。




母のスケジュールも変更することにしました。


ただ今インフルエンザ感染予防でお休みの母は

金曜日までお休みして土曜日から「フェアー」通所開始にして、

”お風呂入りに皆に会いに  ” で。




そして来月2月は

現在週5日(月・火・木・金・土)利用を

金曜日在宅にして週4日にしました。



ホントは月曜日も在宅にして週3日にするつもりでしたが

2月月曜日の日中はもう埋まっています。


なので、

再来月3月から、週3日(火・木・土)の入浴日だけにすることにしました。




去年の2月に母は脳梗塞発症して

完全車椅子状態、完全身体介助、食事も全介助。。。。 となりましたが

この一年で落ち着きましたし、

私が母の、これに対応する介護介助になれました。



この間、インフルエンザ回避で「フェアー」お休みして在宅してましたが

あらためて何も問題がない ということを実感しましたね~


今回、予想外の長期自宅在宅でしたが

おかげでいい結果が導き出せました。



ず~と立っていられない母のおトイレ介助時の、

片手で母を支え、もう片方の手でズボン・リハパンを上げるのが難儀ですが

この間の今月トータル数週間の在宅の間に

なんとかやってこれました。


母は母なりに「フェアー」のようにふたり介助ではなく、

私のひとり介助ということを毎日の繰り返しで、

何となくですが理解しているようなのですよ。




もうひとつは

91歳になった母と出来るだけ一緒にいよう ということもあります。

これが一番の理由です。



しばらくはこの利用スタイルで

また何か問題が生じたら「フェアー」の支援を強化してもらいます。

「フェアー」のケアマネと打ち合わせ済み。



「フェアー」においては

小規模多機能型施設ですので

利用負担は介護度に合わせた一割負担です。

一日しか十日しかあるいは毎日利用しても支払い負担額は同じです。

一定の負担額でその利用者に合ったニーズがお願いできるのですよ。



               クリックお願いします
                  ↓
               
       今日も母とワンの瑛太との一日が過ぎていっています。                











*** COMMENT ***

lotosblumeさんへ

え、そうなのですか?!
風水の対極図というのがあるのですか?!

クリーム載せる時
ハートマーク描こうかとつい思ってしまいました~

風水のことですが
先週我が家にやってきた中学生の生徒に言われました。
「先生、冷蔵庫の上に電子レンジを置いてはダメなのですよ。
運気が逃げるそうです。風水では。」 と。

まだ中学生の子から風水という言葉が初めて出てきて
ちょっと驚いたところでした。

ちょっと偶然ですね~

NO TITLE

コーヒーゼリーにクリームがのっているその模様が
一瞬、風水の対極図?と思って目を引きましたよ~

ちょっと違っていましたけど、面白かったです・・・

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう