Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

04月« 2017年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 摂食嚥下機能検査2回目。

摂食嚥下機能検査2回目。

今日は

母の ”摂食嚥下機能検査” の日でした。

ひと月ぶりです。



前回の検査の結果以降、

母の食事内容は誤嚥予防の食事になりましたので、

その食事内容の嚥下状態の確認でもありました。


鼻からチューブ通して、それを画面で確認でした。


「フェアー」の看護師さんも同席してくださいました。


用意したもの。  普段はこれらの食材を入れ替えます。
16,12,07 2

酒蒸し胸肉チキン。 鮭。        納豆+生卵。
    ↓                 ↓
   玄米卵粥。            長ネギ。
      肉・魚類を混ぜて。      長ネギを入れた場合の嚥下確認。


16,12,07 3

ところてん(水分補給用)      自家製ブルーべりジャム。

サツマイモのオレンジソース煮。   オレンジジュースゼリー(ゼラチン)
  つぶして食べます。          
                  豆乳ゼリー(ゼラチン)
                     ブルーべりジャムを載せて。



我が家の基本的な食事を用意しました。

ご飯は鶏がらスープでの玄米粥。 いつもこれになりました。

卵入れたり、梅干しで味付けたり。
16,12,07 1


市販のトロミ材を使うかどうかの話になりましたが

この食事形態で母の嚥下は問題なく、

手製でのゼラチンや寒天や片栗粉で大丈夫ということでした。


食事内容のお話をして

市販既製品の高カロリー補助食品も使わなくてもよい ということに。


入れ歯なしでの食事が舌の動きもよく、嚥下もよりスムースということで

入れ歯なしの食事で と決定しました。


この形態でやっていきます。  

ちょっと試行錯誤していましたから安心しました。




母はこの後、 訪問看護師さんの訪問を受けて。

血圧はとても安定しています。

2月に血圧降下剤の投与を中止して、薬なしで安定です。


食事で低栄養状態を改善しますので

今度から月一の血液検査をお願いしました。




そしてその後は

訪問マッサージを受けました。

とても気持ちよさそうでした。



母にとっての忙し日でしたが

母は疲れた様子が見られません。


皆さんに構ってもらって、

嬉しくて、刺激にもなったのかも です。



       クリックお願いします
             ↓
          
       お客さんがいる時は出ていかないボクちゃんです。
       でも今日はちょっと顔出したら
       ドクター大喜びの、ワン好き先生でした~















*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう