Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

04月« 2017年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 残された生を生きる。

残された生を生きる。

起床時から雪でした。

まだ暗い中、雪が降る静寂。


あ、今日は母は「フェアー」お休みしてもらうわ と

8時まで待って「フェアー」に電話を入れました。




私の1日のスケジュールは

ほぼ以前と変わらずに戻っています。


高齢でアルツハイマー病の母と、

いつ水頭症による癲癇発作が起きるかわからない

老犬の瑛太がいるからです。


亡くなったゆうちゃんへの思いを心に受け止めながら、

いつもの介護生活ですね。。。。。




ゆうちゃんの存在と、その死は

あらためて私に 死 というものを考える機会と時間をもたらしました。。。。


残された者たち の意味も。




私の腕に抱かれながら逝ったゆうちゃんは

淡々と自分のその終わりを受け入れて逝った という感じでした。。。。


地球上の、ありとあらゆる全ての生物は誕生と死を繰り返してきました。

永遠とは時間の流れと死です。


ゆうちゃんばかりでなく私もです。




そして時には

介護そのものが死を見つめる作業でもあります。


やってくるであろうその死を見つめて、

老齢の母や私のような高齢の人間は

己の寿命の、この先の長さを推し量ることができます。



だからこそ必ずやってくる死という終わりまで、

幸せに心豊かに、

そのために一日一日を丁寧に生きていきたいと思っているのです。


今ある生に感謝して。



この強い思いは母の介護をしてきて獲得したものです。




私は当然母と瑛太より先に逝きたくはありません。

この愛すべき家族を見送ってから、最後に逝きたいと思っています。


勿論、思っていても私が先かもしれません。。。わからないのですよね。




食事は

バランスをとり、添加物を避けて、出来るだけ自然に近いもので手作り、


運動は

朝の目覚めを兼ねたラジオ体操、ヨガ(そこで機械で筋トレ運動も)

そしてウォーキングを欠かさず、


メンタル的には

グーグル社用テキストに基づいたマインドフルネスメディテーションを。


1日の始まりと終わりは

朝日と共に活動して、夕日と共に休息する生活。



これらを日常生活習慣の基本にしっかり沿えて。 



英語の仕事自体も脳トレを兼ねています。


これら繰り返しはセルフコントロールの強化でもありますね。   





何がなんでも我が家の基本は私なのです。

死ぬまで丈夫でいなくちゃ。 できる限り。



自分の体調管理をしっかりやって、

母と瑛太との介護生活を楽しみながら維持したいと思っているのですよ。


いつかは終わる介護生活ですが。  それまで。





今日は母の訪問診療の日でした。

インフルエンザ予防ワクチンを接種していただきました。

接種時、母動ぜず 


           クリックお願いします
                 ↓
            
        ただ今、ひとりでバウバウ中のボクちゃんです~    













*** COMMENT ***

丘の家さんへ

jujuさん、こんばんは~

ありがとうございます。


>母を介護してると母がいるから自分が生かされているんだと
つくづく感じます<

ホントそうなのですよね~ 私もつくづくそう感じます。
だから介護がツライということがないのです。
今はそばで一緒に生きられてる ということに感謝しかありません。

母には私しかいないのですよ。
私が先にいったら、母の事を託す家族がいないのです。
だから自分自身が健康に生きることに必死になります。
この介護生活のおかげで私は丈夫になりましたよ~
結局、母のおかげですね。

今年はインフルエンザの流行が2か月もど早まるようです。
お風邪召しませんように。

NO TITLE

こんばんは~

自分の体調コントロールを欠かさず毎日規則正しい生活
お母さまと瑛太クンとの一緒の生活を一日でも長く
継続したいと思うお気持ちがすごく伝わってきます

自分が見送れる事が基本ですものね
私も必ず訪れるであろうその時まで
Juliaさんと同じとまではいきませんが
少しでも参考にして何が何でも自分の体を持ちこたえなければと
思ってます
母を介護してると母がいるから自分が生かされているんだと
つくづく感じます

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう