Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

10月« 2017年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … とか、とか、とか。。。がない・・・・BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … とか、とか、とか。。。がない・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とか、とか、とか。。。がない・・・・

今日の私の予定は授業だけでした。


教え始めてから、もうそろそろ6年目に入る生徒でした。

なので2年前の、ゆうちゃん我が家に登場~ もよく知っていますよ。


ゆうちゃん、授業中フラリンフラリンやって来て、

そのままフラリンフラリン元の部屋に戻って行ったり。


「え~と、あのかた(ゆうちゃん)一体何しに来たんでしょうか~」 と

私たちの笑いも取って。




授業後は母と瑛太と過ごしましたよ 。



起床して。 私と一緒に寝ている瑛太も同じく起床。


私がパタパタ動いていると瑛太も。

デスクワークに入って机に向かうと、机の下の自分用お座布団で 二度 
 


その後、母の起床介助がベッドの上で始まります。

瑛太は起きてきて母の部屋にやって来てベッドの下で

目を真ん丸くしながらソワソワ。。。 

「早くおばあちゃんのお世話終えてねーーーーーっ」 と。


母の朝食と瑛太の朝食は同時なのですよ。



瑛太の毎朝は変わらず。  全く同じこのパターンを繰り返します。


瑛太が何かを要求するのはこれくらいです。


後、たまに夜私が机に向かっていてお布団を敷いてないと

「お布団敷いてないよ~ ボクは先に寝るから~ 」 とソワソワと呼びにきます。



それ以外は一日中自分のペースですね。

老犬なりの睡眠時間は多い。


声掛けすると嬉しそうに寄ってきます 

人前にはあまり出てきませ~ん。





今日の母は毎食後、眠っていましたね~。。。

授業中はベッドで 


歩行も安定せず なので

ベッドから車椅子へ、車椅子からソファーへ 等々に移動は

歩かせることなく、車椅子を傍に置いて移乗でした。


脳と体の連動性を考えたら

歩行で身体を動かしたいのですが

もう無理はしない の段階に入ったのかもしれません。




一日中、授業やら家事労働やら母のお相手やら、やらをやっていて、


今までは

「ゆうちゃん、そろそろ起きるかしら。。。もう起きないと~ご飯ですよ~」、

ぎゃわんと鳴かれたら「今行くから~」 とか、 

お日様の日は「お天気だからベランダ日光浴よ~」 とか、

授業中、あるいは来客中「ゆうちゃん、今忙しいから鳴くかないでいてね~」 と

心で念じたり。。。。

母の身体介助しながら「今はウンチしないでね~」 と言ってみたり、

「今晩は鳴かないで寝てくれるかな~・・・」 とか、とか、とか。。。。



今はそれがない。

一体何だ、この暇な感は・・・・ 気が張っていない・・・・ 

スコンと何かが欠けた感。。。。



2年前にゆうちゃんが我が家に来る前の

”さんにん生活” になったのだとあらためて実感した今日でした。




         クリックお願いします
               ↓
         
     未だ全く触れない頃。 ご飯に夢中の間、ブラッシング。
     当初の反応はそりゃ~強烈でしたが、
     毎日毎食事スリスリと。。。数か月。。。
     私はこの時、見事なへっぴり腰・・・・ 

     めげない私に諦めて、ゆうちゃんは全く平気になりました。
     お触り作戦、第一弾。 抜け毛予防も兼ねて。
  










 
  
        





*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。