Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

04月« 2017年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … ゆうちゃんへ。

ゆうちゃんへ。

多くの、殺処分を受けてその生を終えたワンや猫たちは

生きた証さえないのだ。




残された私があなたにできること。



私は永遠にあなたのことは忘れることはないのだ。

私はあなたを最後に看取って、

あなたがこの世に生まれて生きてきたことを知っているのよ。



私の中に永遠に忘れ去られることなく、存在するのだ。


それはゆうちゃんがこの世に生まれて生きた唯一の証なのだ。




私の大切な家族、母と瑛太を空から見守っていてね。


いつかまたね。  待っててね。



           クリックお願いします
                  ↓
          
          
          我が家の子になって数か月位に
          やっとナデナデさせてくれるようになったわよね~











*** COMMENT ***

しいこねこさんへ

しいこねこさん、こんばんは。

そうなのですよ~~

2年前に殺処分になるはずだった命が
生き切ってくれたのですよ~

私という人間には怯える、恐怖を覚えることがなくなり、
お愛想もありませんでし、
自分から甘えることもありませんでしたが
淡々とその生を一日一日生きていました。
人間への恐怖から解放されて自由でいてくれました。

しいこねこさん、いつもありがとうございます。

つばめさんへ

つばめさん、ありがとうございます。

まぁ~驚きました、コメント書いて下さるなんて。
嬉しいです。

今日もゆうちゃんのことの、私の話を聞いてくださって
ありがとう。

私の生徒でいてくれて、
この出会いにとても感謝です。

クロちゃんお母さんへ

クロちゃんお母さん、こんばんは。

まるでゴミのように捨てられて殺処分になっていたら
あまりにも不憫過ぎます。

この2年間ここで生きたことは
ゆうちゃんの生きた証でした。

本は児童書で文は児童文学の方が書いていらっしゃいます。
瑛太と私の出会いそのものの記述でした。

yさんへ

y さん、こんばんわ。

きちんとタイミングを待っていてくれたのでしょうか。。。

私のやることも終わって、ゆっくり向き合うことが出来ました。

私が目を離している間にひとりで逝ってしまったら
不憫過ぎますから。

そんな私の気持ちを汲み取ってくれたのですね。

丘の家さんへ

jujuさん、ありがとうございます。

はい、抱っこされたまま眠るように逝きました。
ぬくもりをのこしたまま。。。

殺処分数日前の命でしたので
もしかしたらその時命はなかったかもしれません。

2年間いてくれました。
私もしあわせでした。

NO TITLE

ゆうちゃん、ゆうちゃん♪

私もあなたの事、ずっと忘れないよ。

人間て怖いもの、と思っていたあなたが、Juliaさんと家族になって本当に良かった。
人間にも色んな人がいるでしょう?
Juliaさんにたくさん愛されて、人間もまんざらじゃないなと思ってくれたかな?

精一杯、あなたの「生」を生き切りましたね。
立派でした。お疲れ様でした。

NO TITLE

ゆうちゃん、お疲れ様。

私も授業を通してあなたの命を見つめてきた一人です。
先生と近しい方々も、他の生徒さんも、ブログを通して見てきた方々も。
沢山の人達があなたが生きてきたことを知ってるよ!忘れないよ!!

私はゆうちゃんと先生に生きる力と、全ては愛だって事を学びました。

つらい思いを沢山してきたゆうちゃん。
どんな状況でも立ち上がって歩こうとしている姿を見て、力強さに感心しました。

身体に染み付いてしまった人間への恐怖心が先生の深い愛で、溶けていったこと。
ゆうちゃんが変わっていく姿を見てこれたことは、嬉しかったし生涯忘れません。

動物も人もみんな同じ。

どんなに困難なことも愛で乗り越えていける。

身体には限界があるけれど、心の可能性って無限だって
ゆうちゃんが身をもって教えてくれました。

晩年、穏やかに・自由に・平和に・愛に触れて過ごせた事で
ゆうちゃんは幸せだったと思います。

懸命に寿命を全うした、ゆうちゃん。
本当にお疲れ様でした。

生きた証…心に沁みる言葉でした。
いつも瑛太君ママさんの事、尊敬してます。
本、早速、問い合わせしてみます。
有難うございました(^.^)(-.-)(__)

ワンコさんは 飼い主に きちんとご挨拶をしてから逝くと思います。

ゆうちゃんも ママさんの授業が終わり おばあちゃんのお世話も 区切りがつき ママさんと しっかり向き合える時を 選んだように思います。

ママさんの腕の中で ありがとう‥‥って言ったはずです。

私自身 そう思って 次の仔を迎えました。

ゆうちゃんは抱かれたまま旅立っていかれたんですね
ゆうちゅんに愛がいっぱい注がれた2年間
このお家に来て本当に幸せだったね

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう