Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 寒さと乾燥の時期

寒さと乾燥の時期

寒くなりました。

母はズボン下も着用して、靴下も冬物に。

暖房は母がいる時だけ。


今年もそんな時期が迎えられました。


更衣も数と厚みが増しました。

入浴セットバックも中身がパンパンに。




乾燥も始まりました。  母はわかりやすい。

この時期、乾燥が始まった途端、チョリチョリと体を搔き始めます。


「フェアー」ではボディショップのシアバターを、

自宅ではロクシタンの100%シアバターの塗布です。
16,10,31

入浴後の「タップリ塗ってください」とお願いして。

それで治まります。 毎年です。


昔はチョリチョリがボリボリとなり、

夜間就寝中にかきむしってしまうこともありましたが

今はシアバターが効果あります。 もう何年も使っています。


ロクシタンのシアバターは濃い分、この時期は蝋のようになります。

手で温めながらの塗布ですので

その手間を省くために

「フェアー」ではボディショップのものを使ってもらっています。




今日の母は体温も落ち着いています。良かった。


夜の授業前に

母の車いすの前に座り込んで

「お母さん、これから授業なのよ。お仕事なの。

車椅子で待機がいい?それともベッド?どっちがいいかな~?」 
と覗き込んで

いつも通り、話しかけましたよ。


何を話されているかわからない母ですが

今日の母は私の目をしっかり見ながらきちんと聞いていました。

勿論、どっちがいい という返答はありませんが。

今日はそばで車椅子待機でした。



私と目を合わせないで全く反応がない時もあります。

反応があるととても嬉しいですよ。


         >クリックお願いします

              ↓
           












*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう