Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

04月« 2017年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 介護・医療サービスの恩恵を受けながら。

介護・医療サービスの恩恵を受けながら。

皇族の三笠宮様がお亡くなりに。

100歳だそうです。


96歳で心臓の弁膜症の手術を受けられ、

今年6月にはペースメーカーを入れられて、

4月には公務もこなしておられたとか。


お歳だから ということはなく、

高齢になっていても手術を受けられ、

近代医療の進歩の恩恵をしっかり享受ということなのでしょう。

ご家族様方の、長生きをしてもらいたい という思いもあるのでしょうね。




母は内臓的な疾患がありませんので

それほど医療に頼っているということはありません。


でも重度のアルツハイマー型認知症で高齢であるため、

介護サービスは十分に活用させてもらっています。


特に脳梗塞発症の2月以降です。



それまでは「フェアー」の通所・お泊り利用の支援を受けながら

病院も自力で受診で、母は私とふたりで在宅生活をやってきました。



でも今は多くの支援を受けています。 2月以降。



「フェアー」の他に

訪問看護・訪問診療、 訪問マッサージ、 

そして今回の訪問歯科診療と、摂食のための嚥下指導です。


しばらくはこの段取りで行けそうです。


いずれ「フェアー」への通所もできなくなって24時間の在宅となったら

訪問入浴とヘルパーさんの支援が加わる ということになりそうです。




私は重度認知症で高齢の母のために、

母が自分では出来ない段取りを取り、環境を整えてあげたいと思っています。

介護家族として。


いっぱい好きなだけ長生きしてもらいたい。

そして最後の看取りの時は、

母のそばにいて母の手を握っていたいと思っています。



              クリックお願いします
                  ↓
              
  













*** COMMENT ***

丘の家さんへ

jujuさん、こんばんは~e-343

母は私が引き取って以来、
10年以上も「フェアー」だけを利用してきています。
本人がすっかり慣れています。
入浴をし、周りのワサワサ感やいつものスタッフからのお世話に
刺激を受けて、ご機嫌なのですよ。

母の清拭は赤ちゃん用のおしり拭きを使っています。
今年からはウェスを使うことも考えていますよ~
といっても断捨離好きの私ですので
そんなに古い布が残ってはいないのですが。

認知症の母はもの言わず です。
なのでjujuさんと同じで
自分がアルツハイマー病で高齢で と同じ立場状況だったら
相手にしてもらいたいことを母にしてあげているつもりです。
私だったらこうしてもらいたい と。

これは介護の原点かもしれません。

寒くなってきましたね~
お風邪召されませんように、お母様も。

NO TITLE


こんばんは
お母さま通所に頑張ってますね
送り出す時とちょっと疲れたお迎え時には
それなりの対応で介護家族はちょっと大変ですが

私の母も要支援1・2の時には入浴とお友達との
かかわりを兼ねて楽しみに通ってたのですが...
認定5になってからは休ませてます

やはり自分も母と同じ状態だったら...
こうして欲しい~ああして欲しいと思うでしょう
アレコレと我儘も言わずにいる母に代わって
色々試みる日々です

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう