Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

04月« 2017年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 面談終了。

面談終了。

台風の影響もなく、

朝からガンガン日差しの今日   


干す、干す、干す、

瑛太お座布団、クッションも全~部、お布団も枕も当然 



今日の朝ごはん
16,08,17

豚肉と茄子・ピーマン・茗荷の味噌炒め。 ニラの梅干し出し醤油おかか和え。

玄米と黒ゴマ。  シラタキ・卵の巣ごもり煮 + スプラウト。


母用に気を使うので

茄子もピーマンもちまちまと細かい。 かなり蒸して柔らかく。


食する時はさらに細かく刻みます。




今日は

介護認定更新の面談の日でした。

「フェアー」のケアマネも同席して下さいました。


以前6年前に面談を受けた調査員の方でした。

「やはり進みましたね~」 と。


当時は片手引きで歩けてました。  

今日は車椅子で面談ですから。



でも母が穏やかに過ごしていることを知って、

「そうですね、進んでも進んだ過ごし方があってよかったですね~」 と。



我が家の場合は

小規模多機能型の「フェアー」の支援が

十分機能していることが大きいからです とも説明して。


質問事項も

「フェアー」での状態はケアマネが答え、

自宅での状態は私が答えて、サクサクと進んで終了しました。



途中、

私の勉強部屋のゆうちゃんエリアにいるゆうちゃん、


バッタン と、又 バッタン とパーテーションの大きな音!

 (クルクル回る最中にゆうちゃんぶつかって)! 


この時点で調査員さんの顔は ェ・・・ ン・・・ ???!



そしてしばらくたって ギャワワ~~ン と。


調査員さん、驚いて ?!   ← こんな感じで、

「(一体、何の叫び声だ??) ・・・大丈夫ですか~・・・」



私は心の中で

ゆうちゃん、はい頑張って! チミならできる! と訳わかんないことを。


と、それ一回でギャワワ~~ンを終わりました。 

通じたか、私の心の叫び 


勿論この時、ゆうちゃんのことは説明して。



ものすごい愛犬家でもある調査員さんでしたよ。


帰りにゆうちゃんエリアの私の勉強部屋を覗いて

ゆうちゃんに挨拶していました。




と、

面談は無事終わり、

母はこれから大好きな訪問マッサージを受けますよ 


面談中の母は

ケアマネと顔を見合わせるくらい、ものすごいご機嫌多弁 


マッサージ受けて更なるご機嫌になるといいなぁ~




そのあと、入れ替わりに私の授業です。



明日は

訪問診療でドクターがいらっしゃる。

いつもこの日は

「フェアー」から途中で抜けて帰宅するのですが

明日は「フェアー」お休みしようかな~ とも考え中。



今日も家族との一日が過ぎていきます。

笑顔で感謝の日。



         クリックお願いします
                ↓
              













*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう