Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

10月« 2017年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … パジャマのままであった。慌てたわ~BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … パジャマのままであった。慌てたわ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パジャマのままであった。慌てたわ~

ギョオーーーッ の今朝であった・・・・


寝坊しましたッ、私。 目覚めたら9時ッ・・・・


いえ、オリンピックテレビ観戦ではありません。



朝5時過ぎまでゆうちゃん、凄かった・・・・ ギャオオ~~ン と。


横になって目をつぶったまま、夢の中(?!)からギャオオ~~ンと。

止まりませんでした・・・・


ゆうちゃん、ゆうちゃん とヨシヨシしてスリスリすると目を覚まして、

それで治まって、

目を閉じたら・・・又始まる の繰り返しでした。




起きてるついでにテレビ観戦 なんてどころではありませんでしたァ~・・・・

この間の今までの夜鳴きの中で一番凄かった・・・


変性している脳神経細胞が興奮している感じでした。

ツラいだろうな、ゆうちゃん と。


治療法がないから、私の気持ちも切なくなる。




あまりの声の大きさに

母も何度か 「エ、何々・・・  」 的に途中で目覚めてましたよ。



5時頃、ゆうちゃん落ち着いてきて。

う~ん、

このまま一睡もしてないのはツラいぞ 

ちょっとだけ1時間半くらい仮眠
 と思った私が甘かったッ!!




布団から飛び起きて私はパジャマ着たまま、母の介助に入ったのですが

お母さんも寝息立てて眠ってたよ~・・・


声かけして起こして(スンナリ目覚めてくれて)まずは水分介助して。 


後はそのままいつも通りの介助と朝食でした。

歩行訓練はなしッ。


まずは母のこと。介護家族なので。 

出来るだけ母のペースを崩さないように。 今日は崩れたけど 




「フェアー」からいつもの 「これからお迎えに向かいます」 コールが来て。

母のいつも状態とお出かけ準備は完了していて、「お願いしまぁ~す」 と。



アと気づいたら

私はパジャマのままであった・・・ 母のお迎え直前、慌てたです。



お迎えのスタッフに今朝の事情を説明して。

母、傾眠するかも と。


スタッフ、最初はオリンピックのせいで寝坊したと思ったらしい。


今の日本はそんな人も多いかも。 寝坊と寝不足。



今現在のゆうちゃん。鳴くこともなく、ガッツリ  中。
16,08,12

うん、わかる! 眠たいのはすごくわかるよ~ ゆうちゃん!! 


後はとりあえずゆうちゃん起こして食事介助、水分補給介助して

午後はガッツリお昼寝タイムも取ろう~ 母が帰宅するまで 。


と我が家の一日が始まっています。



            クリックお願いします
                  ↓
            









*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。