Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

06月« 2017年07月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 怠くて重くて・・・・・

怠くて重くて・・・・・

今朝はガックリでした。。。。。



起床時、体がダル重でした・・・・・・


あぁ~ 母が10時半に出かけたら、そのまま授業予定も入っているのに。。。



原因は睡眠不足です。

昨夜中、ゆうちゃんは大変でした。


立ち上がれないから の ギャオ~~ン ばかりではく、

立ち上がっていても ギャオ~~ン でした。。。。


この ギャオ~~ン、四日ぶり。



認知症の進行と共に、

脳の神経細胞の変性が起きているのかもしれません。


声かけして手を携えると収まるのですよ。


8回でした。


6時間睡眠きっかりの私の中での8回はなかなかきつく、


良質な睡眠をしっかり取る という私の生活習慣のなかでの、

もう徹夜できないお年頃の年齢ですので、しっかり睡眠不足でした。




ゆうちゃんの老化と認知症のスピードはとても速いです。



日中も私がデスクワークで自分の部屋にいる時、

以前のゆうちゃんは

あの部屋この部屋と自分のペースでひとりフラリンフラリンぐるぐるしていましたが、


今は椅子の下やカーテン、家具などの隙間にすぐ挟まってしまいます。


老犬特有の、後ろに下がれませんので脱出できないのですよ。

困惑して不安そうな様子です。


何がどうなったの、どうしたの。。。 どうしたらいいのアタシ。。。。



なので今は

私がデスクワークの時は毎回そばにいてもらいます。

足蹴にしているのではありませんから~。
16,07,01

ゆうちゃん、この状態でず~といます。 

目もほとんど見えていないので接触している安心感のようです。


私は両脚開いてデスクワーク中。

足もゆうちゃんのぬくもりで気持ちいい~ 




我が家の家族になった1年半前は

人間に触らせなかった子です。 

噛んで噛んで、私は噛まれて噛まれて 状態でした。




でも今はこんなふうになってくれましたね。

時間はかかりましたが。

 
これからのことを考えても

いつも噛まれて介護するより、

こんな風に身を預けてもらって介護できるほうがいいです~~ 

寝たきりになったら体位交換しやすいし。




認知症の母もゆうちゃんも 

何かしたい とか してもらいたい という要求はないのですよ。


だから私は介護家族として

このおふたかたの安全・安心の環境を作ってあげることしかできません。



午前中、体ダル重だったので

授業時間を夜に変更してもらって昼寝して(母は「フェアー」でしたから)、

授業はたった今終了したんですよ。


        
        クリックお願いします
              ↓
             











*** COMMENT ***

しいこねこさんへ

しいこねこさ~ん、
いつもうちのJulia にありがとうございます。
本人になりかわってお礼ですe-466

うちのJulia はめげない女です~
あんだけ噛まれても一度も叱ったことないのよ、アタシを。

おかげで昔の飼い主から受けた虐待のトラウマからも抜け出せたアタシです。
うちのJulia はお年寄り子供動物に超~弱いのよ。
それ以外には強いけど v-8

ゆっくりゆっくり余生をここでね って言ってくれるのよ。

アタシは殺処分になるところ数日前のワンだったけど
生きていて良かったわ~~

今はなにものにも怯えることのない毎日なのよ。 
そして老いても認知症になってもいいんだって。

ゆいこさんにヨロピク e-328

NO TITLE

ゆうちゃん、Juliaさんのお家に来て良かったね^^
いつも、ゆうちゃんのこと考えて下さるものね。
だから、少し寝かせてあげてね。

Juliaさんに触れていると安心だよね。
だから、ギャオ~ンしなくても大丈夫。心配ないからね。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう