Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

10月« 2017年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 禁断(?!)のRewardBLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 禁断(?!)のReward

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁断(?!)のReward

雨が降ったり、曇ったり。。。


最近、編み物を再開しました。

車いす用ひざ掛けは完成しましたよ。


今は母の夏用帽子。 ちょっと「フェアー」に出かけるとき用に。
16,06,28 1



2年前に編み物教室へ行きました。


中長期的に母の介護生活を考えて

もしいずれ高齢の母がベッドに寝たきりになったらそばにいてあげたい。


でもかたわらでの読書ばかりじゃ飽きるだろう~ と。


あ、編み物がいいわ と。

そんなものすごく単純な動機からの選択でしたよ。 


なぜか編み物が。 たぶん母がやっていたからですかね。



若いとき、昔は、全然興味のないものだったのですがね、自分で編むなんて。




でも編み物始めて、問題が浮上だったのですよ。


たまらない、止まらない、大好き編み物   になってしまって。。。。



例えばデスクワークしていて、

その休憩気分転換に編み物をするのはすごく効率的なものだったのですが

いつの間にか、編み物楽しくて止められない・・・  

デスクワークに戻らないと・・・なのに。。。 


ちょっとゆったり編み物でも が あれ~~もうこんな時間(経ってるよ) 

翌日寝不足気味の時も。。。




母のものを編み物しながら母のことを感じる、思う。幼いころのことも。

時にはただひたすら編み目を追って、無我の境地(?!)のフロー状態。

という状態でもう ワクワクの夢中 でしたね。



でも

おかげで一日の、やりたいことやるべきことのルーティンスケジュールが

見事にずれる、出来ないことも。。。。


それが私の中でストレスになる。。。。



独身おひとりさま暮らしなら

それもあり で ま、いいじゃないか、大好きならば ですが

母とワンたち家族を抱えて、自分の好き放題勝手には時間を使えないのです。


介護者としての私はこの介護生活、母とワンが最優先ですから。




う~~ん・・・・ と唸って唸って編み物を一切止めました。


このストレスを問題として捉えてそれを回避するためには 

スパッと止める、それしかない
 という結論出して。


編み物関係一切をクロゼット上部の天袋へしまい込んで。

目にも入らないように。





今はモノに溢れた時代です。

わざわざ手作りしなくても素敵な既製品を簡単に見つけることが出来ます。


でも私は母に何かをしてあげたい。

既製品じゃない、私の気持ちのものを。 

母に作ってあげたいという私の気持ちのものを。


という気持ちが強くなったので

編み物を再開することにしました。 1年半ぶりです。




そして今回は

以前の、止められないからストレスを知っているので

それを避けるために、


何かをきちんとやり遂げた時の ご褒美報酬 reward  としてだけ、

編み物をすることにしました。 きっちり時間限定して。


一日のスケジュールには絶対時間的に食い込まないように。


もしまた食い込むようなことがあったら

又当分編み物禁止令を敷いて 




もっとやっていたいわ が湧き起こったら

「いえいえ、これはご褒美報酬だから、

またこの後やるべきスケジュールこなしたらご褒美報酬にしようね」
 と言ってみる。



「そうね~やること終えたら、

ご褒美報酬が待っているわ~ ウフフ~ 」 と

段取りや予定のやるべきことのモチベーションも上がって

一石二鳥の今現在です。  良かった~。



        クリックお願いします
              ↓
            









*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。