Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

06月« 2017年07月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 母,痩せた...けど.

母,痩せた...けど.

世の中,ゴールデンウィークに突入しました.

我が家は関係なしの,祭日休日です.


母の日常はそれに左右されることがない介護生活ですし,

私の仕事も今回は

生徒がひとり帰省しただけであとの生徒は授業があります,今晩も.  

の,弱小個人自営業者 




昨日「フェアー」では月一の体重測定日でした.

38.1kg


母は脳梗塞を発症してから日に日に体重が落ちていきました.

一週間で 37.5kg にまで落ちましたよ.


それ以前までは38.6 とか 38.8kg位を維持していました.


以前の平均と比べて1kg強の減少ですが

母は中肉で昔風小柄な人ですので1kg強の減少は大きいのです.


デブリーナの大柄な人でしたら1kgはさほど大したことないでしょうが,

40kgに満たない人の1kg強の減はとても大きいです.


母の顔はあっというまに貧相に消耗した顔つきになっていました.




脳梗塞発症して

まず歩行困難となり,車椅子. 

「フェアー」に出かける時の外階段の昇降もなくなりました.


圧倒的な運動量の激減で筋肉量は当然落ちます.



そして

母自身は右側麻痺があっても,

それが病気の後遺症のせいとは全然理解できず何もわからずの中で,

私が突然始めた座位や立ち位や歩行の訓練で,

これも大変だったと思います.


転倒もありましたし,

車椅子移乗時に脚のもつれで車椅子のフットにぶつけたり,

崩れ落ちる母の身体を支える私の力が強くて青タン赤タンができたり...


「お母さん,ごめんね~ でも今ここでの初動が大切だからリハ頑張って~~」 と

私も大変でしたが

当然本人が一番大変だったですからね.


身体的にも訳わかんない的にも.




今は脳梗塞の後遺症を抱えながらの介護ステージとなり,

歩行訓練やマッサージで筋肉量も増えているのでしょう.


そして何よりこのリハビリ生活の日常に母は慣れてくれました.

習慣化です.


昨日より今日 というように進歩もみられます.

本人が楽になっていますね. 私も楽になっていますから.


昨日の体重測定で 600グラム の増加ですが

この調子で体重が元に戻るようにしたいと思いますね.

筋肉量,大切です.



         クリックお願いします
               ↓
              


       皆様,素敵なゴールデンウィークをお過ごしくださいな  









*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう