Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … この間,今現在.

この間,今現在.

先月2月17日は

普通に「フェアー」から帰宅. 全く普段と変わらず.


翌18日は

朝食で食べ物が全く認知できず. 右傾が始まり.

それでも何とか歩いていた. 介助しながら歩かせていた.

私の英語の授業中,ベッドで待機なれどいつも通りのご機嫌ではあった.

「フェアー」はお休みして.


19日は

食べ物を口から溢し,水の飲み方も忘れ,流涎がみられた.

歩行は段々不能となること多く,でも介助しながら. 2回転倒. 表情は一気に反応なし.

「フェアー」お休みして.


から始まって,


認知症介護在宅24時間の段取り準備に入っていたら

偶然ラッキーなことにCTスキャンを撮るチャンスに恵まれて診断は脳梗塞.


その診断で母の状態が一気に理解できて

次の段取りをとる手はずが一挙に進みました.




右脚が落ちてきますのでフットカバーを購入しました.
16,03,03


車椅子用ジョクソウ予防敷きマットも.

これで福祉用具関係は終わりました.



今の母.  「顔がかゆいわ~ チョリチョリ」

ダラリ と下に落ちていた右手で チョリチョリ です.
16,02,29 2


椅子に座るとのけぞりに近いような形でずり落ちてきていましたが

大分落ち着きました. フットカバーのおかげもあります.


座位が完全に取れるようになりました.

今晩ベッドに腰掛けたとき,

母は両手を使って体重支えて自力で座りなおしをしましたよ.


立ち位も何とかできています.

リハパンパットの装着,ズボン上げが

私も母を片手で支えながら何とかもう片方の手で出来ています.



今は立たせたり,移動したり,マッサージしたり,

右手脚の屈伸運動やら上げたり下げたり のひたすらリハビリ中です.


筋肉量も落とさないように.



傾眠の傾向もあります.

ダメージを受けた脳がひたすら回復中ということなのでしょう.

夜もしっかり眠っていますし.



脳外科ドクターのお話では

右手足を司る脳の運動野部分からはずれた梗塞 ということらしいです.

「治るかもね.回復するかも」 と言われました.


で頑張らせる私,頑張る母です.


認知症のせいなのか,依存が強いからか,

母は嫌がらずに答えてくれますよ.



ところでこの間,

母は一度も食欲が落ちませんでした~. 



       クリックお願いしました
             ↓
          








*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう