Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

09月« 2017年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 母,脳梗塞 と診断されました.BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 母,脳梗塞 と診断されました.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母,脳梗塞 と診断されました.

母は今日,以前掛かっていた脳外科を受診しました.


左側 脳梗塞 でした.

原因特定されました.  そういう意味では良かった~ です.




今日は別の新たな展開もありました.  すごいぞ,良かったぞ でありました.


今,母は

「フェアー」事業所のご好意による申し出で

あの階段を男子二人がかりで車椅子ごと下ろしてもらい,

昨日より2泊3日のショートステイ中.



今日の朝,

「フェアー」ケアマネからのお電話で

「お母様を何とか階段介助しますので,今後も通所お泊り利用してください」 

とのことでした.


ははあ~~~ッ   突然のお話し,予想だにしなかった話でのけぞる私.


(男子二人でも腰をやられちゃうぞ 位の難儀な車椅子での階段介助なのに....)



事業所内での話し合いが行なわれたのでしょうね. 

スタッフ皆さまからのこの結論に心より感謝.



利用予定日は介助要員人数確保と時間割の日に.

週4日で. 

こちらは全然問題なしです. それに合わせて私のスケジュール再編成して.


お母さん,ホント良かったね~~ 

みんなに会えますよ~~  大好きお風呂にも浸かれますよ~~ 





その後,

私は訪問診療に関して

医療機関と連絡を取り合っていたとき,

ある医療機関から言われたのですね,

「今の病態の原因が特定しないと治療方針が見出せない....」 的に.



それを聞いて私の頭の中で瞬時に電気がついた 


あッ,お母さん,今ならCTスキャン撮れるわ! た,た,多分! 



母はもうベットに横になってじっとして のCTスキャン等の検査は

もうもう無理だったのです.

過去最後の2回は動いて暴れて頭動かして...


だから今回脳梗塞を疑っても

それに関する受診は無理と判断していたのですよ.



あ,でも今の母は動かない. 反応が鈍くなっていて. 

横にじっとしていられるにちがいない. た,た,多分!




それに加えて現在「フェアー」滞在中.

迎えに行って病院行ってまた「フェアー」に戻せば

階段昇降の問題なし.





即,「フェアー」に行って母を連れ出し,

母が以前掛かっていた脳外科のドクターのところへ.


母は動かず,いい子ちゃん(?!)でいてくれて

完璧にCT撮れての綺麗な画像撮影. やったね!



2011年に撮影された最後の画像も含めて,

それ以前の画像も比べながらのドクターからの説明でした.



結論は

脳梗塞状態は落ち着いている ということでした.

投薬療法はなし.


私から血圧に関するデータや状態を聞き取ったドクターからは

血圧降下剤の投与の中止ということでした. 具体的な説明もありました.


嚥下の問題も出てくることの指摘もあり,栄養の摂取へのアドバイスも.



そしてドクターに言われました.

「お母さん,また以前のような状態に回復するかもね」 と.


私は心の中で はぁぁ~~  とのけぞった.


お母さん,ついてるね~~すごくついてるッ!!




病院にいる間中の母は殆ど傾眠爆睡状態  話しかけても反応なし.

帰る頃に 「せんせ様ぁ~」 と声だしがあったり,話しかけに反応ありでした.


先ほど「フェアー」に電話したら

昨日の食事時はむせ込みがみられたが

今日はないということでした .



私の気分は

緊張から解き放たれてちょっと脱力. 


これから午睡しよう~ 
 


        クリックお願いします
              ↓
          











*** COMMENT ***

キャサリンさんへ

こんばんは~e-343

拘縮の仕方とか見ていて
私も「フェア」の看護師さんもレビー小体型認知症を疑っていたのですよ.
脳梗塞の疑いも捨て切れませんでしたが.
レビーとアルツハイマーの重複合併は意外と多いとのことです.

でもですね,
CT撮れて病名が判明して,そこは良かったです.
これからどうするの具体的な方向性が見出せますから.

なったものはしょうがない.
これも人生ですのでね. 予測できる人生なんてありえませんから.

今は母が生きていてくれるだけで十分です.

ご心配をお掛けしました. ありがとうございます.

脳梗塞

あぁびっくりしました。
安定していたお母様の急変になぜ?、と思ったのですが、
検査して原因が判明してよかったですね。

そして何よりうれしいのは今までのように回復するという言葉。
お薬もいらないってありがたいですね。

Juliaさんの日記は私の介護の指針になります。
ありがとうございます。

AJさまへ

AJさん,情報提供ありがとうございます.

月曜日に
福祉業者さんとケアマネとの再度のミーティングがあります.
その時この情報を提供してみます.

おんぶ紐に関して
ネット検索してみて,母用に必要だと思いました.
特に災害を想定してもおかしくありませんから.
あれなら私でも母をおぶれます.

ありがとうございます.

階段昇降の方法

フェアーの方が腰を悪くされないよう、長く楽に対処していただけるように、
ご存知とは思いますが書いておきます。

階段昇降用の持ち運び可能な台車のような機械が2種類あります。
一見大がかりな物ですが使い方は簡単だそうです。
介護のカタログに必ず載っています。

他に、介護用のおんぶ紐があり、女性でも割と楽に使えるそうです。
こちらはネットで見つかります。

お母さまお大事に。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。