Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

06月« 2017年07月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 一体どうなるのか.....

一体どうなるのか.....

一体,どうなるのか,

どういう方向性が見えてくるのか, と

全然わからないままの母の状態です.


はぁ~....



食べるときの認知がかなりほとんどダメです.

水分補給で口をすぼめて水を吸い飲むも出来ない.

表情硬し. 言葉発せず.

声かけ話しかけへの反応悪く,視線を合わせない.

日中の傾眠傾向強し. 但し,夜もしっかり睡眠今まで通り.





歩行はかろうじて.

バランスがとても悪いです.

しかも,立ち上がってすぐ腰からに床に落ちてゆくことが多いです.

室内に車椅子搬入して.


床に横たわるはめに2回ありましたよ.

で介助して抱き起すのが~... そりゃ~もう大変でした.

慣れていない私ですから. 私がすごく消耗しましたよ.



いつか全く歩けなくなった時の身体介助として

「いずれこの介助にも慣れるのだな」 と思いつつも.

「身体全介助のマニュアル本,又読み直さなくちゃ」 と思いつつ.



15,06,09

アタシはだいぶ復活してんのよ~  今度はおばあちゃんか...

アタシとおばあちゃんは Julia家認知症介護グループで一緒の仲間なのよ.





今日は「フェアー」の看護師さんとケアマネが

訪問介護を含めて母の様子を見に来てくださいました.


初めてです.  ま,母のこんな状態が初めてですのでね.



母は現況ですと

「フェアー」通所お預かりが利用出来ません.

外階段が昇降出来ませんから....




24時間在宅介護の体制を取るために

さっさと新しいケアマネを見つけて

訪問入浴,在宅医療,看護,介護,リハの体制を整えるか否か,


さもなくば

「フェアー」通所利用出来なくても

「フェアー」からの訪問看護とヘルパーさんを依頼して,

私とで母の入浴をさせる とか.


母の今現在の「フェアー」利用サービスは

通所(デイサービス)とお泊り利用だけです.



( 「フェアー」は訪問介護看護はありますが

訪問入浴のサービスがないのです.

「フェアー」のような小規模多機能型の事業所を利用した場合,

他の事業所のサービスは使えないのです)



私としては

「フェアー」の看護師さんと母が9年お世話になっているヘルパーさんを

母のために離したくない という思いも強いのです.


母は彼らが大好き,そしてとても慣れています.

「フェアー」の皆さんも母の事を十分に理解していてくれます.




今日,

「フェアー」の看護師さんが

母にいっぱい話しかけてくれましたら

母は反応し始めましたよ.


母には私ひとりの環境より

多くの人との接触が大切必要なのだ とつくづく思いました.


特に母はこの看護師さんが大好きですからね~ 




母は明日明後日くらいまで「フェアー」お休みの段取りして.


はぁ~... この間その間,母,お風呂入れてないわ~.... 


歩行がしっかりしないと「フェアー」にいけなくなるから

ここがやっぱり問題点.


認知機能の衰えに関しては

「フェアー」ではスタッフのサポートで問題ないでしょうし.



母の今の現況が一過性のものとして

お母さん,復活しないかな~~
  


大きな決断が迫られているかもしれない,そんな今日この頃.


       クリックお願いします
             ↓
            









*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう