Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 薬増量.

薬増量.

今日は

「フェアー」に行く前に,

母の月いち定期受診でクリニックに行ってきました.

今日はとても混んでいました.


先生の丁寧な問診,聴診,触診.


母はこの間,血圧が普段より高めです.

それもお話しして.


普段いつも120台~130台のベスト  なので,

高いといっても,

130台~140台に数値が移行している という感じです.


先生は (私も「フェアー」看護師さんも思っていて)

「寒い時期ですからね~」 と.



そしてクリニックで先生に測っていただいたら

150になりました.


先生,う~~んと唸って

「これからまだ時期的にちょっと寒暖差が強くなるようです.

今回は降下剤コニール錠を2mgから4mgにしましょう. 」 という判断で.


今回,この冬の時期だけ増量しての,様子を見ることに.



今日の朝ご飯
16,02,09

キムチ. 手羽元と大豆. キュウリとワカメの酢の物.

人参の明太子和え.玄米ご飯に黒ゴマ,大葉. お豆腐,豆苗のお味噌汁.


何故か大豆関係多く,

しかもキムチに納豆入れようともした...いささか多すぎだわ と中止 




毎月毎月,母を連れてクリニックに受診に行きます.


今月もいつも通りに受診出来ましたよ 

先月と何も変わらず という現況維持の母の通院状況. 

ありがたいですね.


いつか通院が出来なくなるのでしょうが

この先生は在宅診療はやっていらっしゃらないので

そこがとても残念です.


         クリックお願いします
               ↓
            








*** COMMENT ***

鍵コメさんへ

コメントお言葉,ありがとうございます.
とても嬉しいです.

お母様,かなり回復して日常生活を送られているようですね.
介護家族の力だと思います.

人生は予期せぬことの連続でもあります.
例えば老いていく親の病気に罹るリスクも高くなりますし,
母のように認知症になるということもあります.

でもそんな予期せぬ大変さだからこそ,
それを乗り越えるという思いは
必ず大きな喜びももたらします.

母の介護をして学んだことでもあるのですよ,私の場合.

例え病があっても親と一緒にいられるのは幸せですよね~
しかも永遠には続くことはありえない人の人生です.
それまで母との生活を目一杯幸せに過ごしたい,楽しみたいと思っています.

今日も素敵な一日をお過ごしくださいねe-328
私も.

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NO TITLE

こんばんは~ ありがとうございます e-343

以前は脳外科がある総合病院を利用していましたが
脳外科の先生はとても良かったのですが
他の診療科はとても納得いくようなドクターが揃っていませんでした.
もう母はアリセプトの服用していませんし,
脳外科受診の必要がありませんので
いろいろ探してこの先生に落ち着きました.
とても丁寧ですし,説明もきちんと時間を取ってやってくださいます.
当たりましたe-231

母も以前介護度3あたりの時は大変でした.
不安からかトイレばかり行こうとしたり,
大好きな童謡を大きな声で歌いだしたり,
アッと言う間に眉間に皺で大声を出して拒否をおこしたり...

今はそれすらも出来ない認知症の進行ぶりです...

介護家族は自分の健康がとても大切ですよね~
親の分まで健康でいないと です.

NO TITLE

父も夜に同じお薬(後発品ですが)を飲んでいます。PCの画面ばかりみて患者を見ない医者が多い中、丁寧な診察はホッとしますね。
父もこの冬朝の血圧は150位ですが、寒いからしかたがないのかなーと思っています。
失神を恐れているため減薬をとお願いしたら冬の間はこのままのほうが安全ですって。

毎月の通院の付き添いは私はくたくたになります。
父のトイレ介助や病院内のチラシやポスターに興味がわき動き回るので目が離せません。
Juliaさんみたいに落ち着いて介助で来たらいいなー。

ごはんも相変わらず多品目で素晴らしいです。
私も健康に気を付けよってJuliaさんのメニューをみて思います。

今年度はまだ自分の健康診断まだだったから、3月までに行かないと~。
乳がん検診も子宮がん検診もいやだなぁ。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう