FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

11月« 2019年12月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»01月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 確実な病気の進行

確実な病気の進行

          アルツハイマー病の進行は止める事は出来ず、確実に進行していく中で、



最近の母の場合、

            周辺状況の変化はあまりなく、

            本人が不安を起こさない環境つくりに配慮していると

            穏やかでニコニコといるのですが、

            中核症状の進行は確実にみられます。




一緒に出歩いている時。

ご近所さんと出会った時、私が挨拶すると

母も笑みを浮かべて

             「こんにちゎ~」 と。

             その後、「あの人、誰?」 と。
   
            「ご近所さんよ」

            「あらそうなの?!

            私は知らないけど、せんせ様、えらいわね~ちゃんと挨拶して」



だったのが、今は一切せず無言。無視てな感じ。

            そして 「あの人、誰?」

            「ご近所さんよ」 と私。

            「ふ~ん、私知らないわ」

挨拶をしなくなりました。




自宅に友人を含めた来客があってももうしなくなりました。

           以前は来客時、 「お母さんご挨拶して」  というと
               
           満面の笑みを浮かべてご挨拶。

           時には 「あらまぁ~ お上がりください」 と。

今はしません。





少しずつやることが減っていきます。

言語を確実に失いつつもあります。

反応を示すものが少なくなりつつあります。

無表情な場面が多くなりました。



           アルツハイマー病の進行の最後は

          追視が出来なくなり、無動となり、寝たきりになるとのことですが、

          確実にそれに向かっているという事でしょか・・・・・




          但し、最近、又、特にご機嫌な場面が多いのです。

             それは私にとって救いです。





                     
               ブログランキング参加中
                      上下クリックお願いします
                     人気ブログランキングへ







*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう