FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

07月« 2020年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 拒否されちゃいました~

拒否されちゃいました~

                 珍しくぐずりましたぁ~

   


先日、出勤ではなく、自宅での英語教室の仕事の日。


その朝、いつもどうり5時起床。

一日の開始にあたっての私はまず自分のための段取りをやり・・・1時間半ほど。



母を起こしておめざのヨーグルトを食させ、

学習療法をこなし、

朝食をもぐもぐ・・・・

      ・
      ・
      ・
      ・ 

排泄の段取りもなんとか済ませ・・・・


というのは

「出かけようか」 と私は出勤、

母は「フェアー」へと手と手を携えて出発しようとすると

必ず 「トイレ行きたい」 コールが始まります。

だから全ての出発準備を終え、後は靴を履くだけのときから始まるコールなので

準備を終えて30分の余裕の時間が必要です、いつも。





その日は9時から英語教室の生徒が来る予定で

母はいつもの時間どうり8時からの「フェアー」での通所利用。


       「出かけようか」 と私。

       いつもなら 「そうね」 と母。


勿論、母は どこへ何のために出かけるか 理解できていません。

 「でも出かけるのだ、行かなきゃならないのだ、この人(私)と」
                                  とわかっています。




その日の母。

       「今日は出かけません。ここにいます」

       「ェッ?!  あ~そうかぁ・・・・」



母はわかっています。

今日、私は出勤ではなく、仕事で自宅にず~といる事を。



朝からいつもどうりのペースで過ごしても

私の緊張感が違います。

遅刻はしないためのバスの時間がないから・・・・・

仕事に対するいつもの緊張感が時間に追われてないから・・・・



で気持ちの転換を図るためにゲームをやりの一時間。

英語教室の開始は三十分遅れの変更をし、母は1時間遅れで「フェアー」に。



    感じ取ってよくわかってるぅ・・・



                         
               ブログランキング参加中
                            上下クリックお願いします
                          人気ブログランキングへ






*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう