Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

05月« 2017年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 嬉しい悲鳴の昨今♪

嬉しい悲鳴の昨今♪

数日前までの猛暑日のせいか,

2,3度気温が下がると 「とても過ごしやすいわ~  的気分.



今日母を13時に「フェアー」に送る途中,

なんと雨がポツリポツリ.....ポトポト...(傘なし)



母は言いました.

「あら~冷たいわよ~.せんせ様ぁ~冷たいわよ」 と.



驚きましたね~,

久しぶりの,状況把握に合ったことばでしたから.

雨が降って,その雨が冷たい と.




母はよく数字を数えたり,数字で何かを表現したり,


言葉においては

意味不明が多いというか,次に繋がらず単発に言葉を発します.

状況に一致した言葉ではないのでほとんど意味不明が多いのです.


アルツハイマー病の母の世界からの,発せられる言葉なのです.




何故かこのところ母はとても調子が良いのです.

歩行訓練のせいか,バランスよく歩き,

おかげで自分から立ち上がろうとします.

歩こうとします.


その時は誘導介助しながら歩いてもらいます.

おトイレに行きます.


「フェアー」でも同様 との連絡でした.



自分で何か出来ることを見つけた感じです.

それをこなそうとする感じです.


アルツハイマー病なのにすごいなと思います.



ですから

ここ昨今は立ち上がった時の対応と介助のために

絶対一秒たりとも目が離せなくなりました. 転倒は絶対に防ぐということで!



ま,私にとって嬉しい悲鳴なのですよ 


アルツハイマー型認知症で高齢の母が歩けなくなる,いずれ寝たきりになる.....

それが今のところ遠のいていることですからね.





母はお箸は使えます. フォークは難しい...スプーンはなんとか大丈夫.

なので果物もお箸で.       食後のキュウイです.
15,08,10 1

テーブルの上に食べ物を落としたらお箸を置いて手で摘まんで取りますよ.



そしてそのままお箸置いたまま,

器の中に手を入れて,手で掴んで食べようとします.

15,08,10 2

でも私がお箸を又握らせると

何事もなかったかのように又お箸で食べてくれます 





           クリックお願いします ↓
                










*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう