Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 「お母さん」忘れないで!!

「お母さん」忘れないで!!

今日は曇ヨリのお天気.




少しづつ以前の日常を取り戻しつつあります.


昨日から自宅授業で仕事も正常どおり開始.


昨日は生徒からお見舞い.

果物と,手作りジャム.  クゥーーーッ,ジャム美味しかった~~ 

15,05,29



昨日の母は

37.3℃の体温(上限ギリギリの許容範囲)だったので

それもあって午前中に母に逢いに. ゆっくりゆっくり歩いて.


体温は36,7℃で全く問題なく 


いつも36.4℃以上を目指します,36.4℃以下は低体温ということで.





母のお泊りをお願いしてから私が母に逢いにいった初日のこと.


機能も歩行もご機嫌もいつも通りでしたが

たったひとつダメになりかかっていたことがありました.



「お母さ~ん」という私の呼びかけの言葉に反応しなかったことでした.

「お母さん」と呼ばれて一瞬キョトン・・・・



そうなのですよね~

「フェアー」のスタッフ皆さん,誰も母のことを「お母さん」とは呼びませんから.

いつも苗字の〇〇さんとか名前の〇〇さんです.



ず~とその言葉 「お母さん」 を聞いていないと

母の記憶からはやはり削除されるようです.

されかかっていた・・・・



アルツハイマー型認知症の人には

同じ環境,同じ動作,同じ言葉使いの繰り返しが必要です.

母の場合ですがね.



この間,「フェアー」に行く度に母に向って

「お母さんッ」 「お母さ~ん」 をしつこく連呼の私でした 




母は 「お母さん」 の意味,自分が母親であることはわかりません.


意味わかんなくてもやはり今まで通り,

「お母さん  」 と呼ばれたら, 「はい  」 と答えて欲しいものです.

今までのように.



言葉で繋ぐ母と私の関係です.私にとって.



なので

「お母さん」 と呼んでキョトンとした母に, 

「はい」 って言って~ とお願いしながら.


ま,なんとかクリア. 良かったです.


 

「この派手なマニュキュアの手,

どっかで触ったことがあるような~見たことあるような~」

15,05,29

と,いつものように私の手を握って.

この後,ふたりで歩行訓練. 座らせ介助も出来ました 



帰宅したらいつも 「お母さんお母さん」 と呼ばれ続けますよ~ お母さん 


もう少しですからね.


             クリックお願いします
                  ↓
                












*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう