FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

07月« 2019年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 靴下脱がないぞッ

靴下脱がないぞッ

        母のこだわり、それは靴下。
 

                   脱ぎたくないッ!



母は素足でいる事を非常に嫌がります。

でも私としては、夜眠る時は靴下を脱いでもらいたい。




         一日身に着けてたものを脱ぎ捨てて、

         パジャマのゆったり感でリラックスしてもらいたい。



         もひとつは毎晩のデトックスを兼ねたリンパマッサージと指圧で

         脚のむくみは今は治まっていますが、

         靴下の足首部分のゴムから開放されてもらいたい。

                 靴下のゴム部分、締め付けの少ないタイプを履かせてますが

                        履いてるより履いてないほうが圧迫感がないのは自明の理。




 

パジャマに着替える時、靴下も脱がそうとすると

          「嫌よ、なにするのよぉ~」 とオカンムリ。

なのでここはあきらめる私。



             

           でもやっぱり脱がされちゃうんです、私に 



パジャマに着替えて (そのまま靴下履きっぱなしで) ベッドへ。

         そして私のマッサージ。

         ここで 当然 靴下を脱がせる!

         「あら~脱ぐのぉ~? なんで~?」

                    と母が言った途端にマッサージ始まっています。




        「あら~気持ちいいわぁ~~ 申し訳ないですねェ~

        今日はいい日だわぁ~

        このおばちゃん(わたしのこと) ホントやさしいの。

        お母さんの脚、なでなでめんこめんこしてくれてるの。

        あとで お母さんの脚、めんこめんこしてくれてありがとうっ て言うのよ」


                           と抱いてるマーシャにいつもの同じセリフ。





   大のお気に入りのマッサージで

            脚はホカホカ、

                気分はすっかりリラックス
 



        終わって私にお布団掛けられて、

        でもって、脱がされた靴下のことはすっかり忘れてます  

                ・
                ・
                ・
 
        夜間のトイレ起床して・・・・

        室内履きを履こうとして 「あら、靴下履いてないわ」

        「まず先にトイレ行こうよ」
                
                ・
                ・
 
        トイレが終わって

        室内履きを脱ぐ時に 「あら、靴下履いてないわ」

        「あら、ほんとだわ。靴下探すからお布団に先に入ってて」

        すんなりお布団に入って、そのまま スヤスヤ~スゥピィ~スゥピィ~ と。



              つうことで靴下一晩中脱がされてます 



        勿論、 朝目覚めたら、真っ先に靴下を! 履いてもらいま~す。




私が素足でいると

「あら~せんせ様、靴下は?」 と凄く気にして

靴下こだわりの母です。




                    
                ブログランキング参加中
                     上下二ヶ所にクリックをお願いします
                    人気ブログランキングへ





*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう