Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

05月« 2017年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … クスノキの下で.

クスノキの下で.

いつも通りの母.


でも出来ないことが出てきたり,

かといって又出来るようになったり.


今日,

うがいが「フェアー」では全回数出来ました,「連絡帳」より.

我が家での今朝は出来ませんでしたね~


もう出来なくなったのかな と思うことが突然出来たり.

でもそれが続かなくなり,とうとう出来なくなる といことがしばしば.


それを繰り返しながら出来なくなっていきます.


それが高齢でアルツハイマー型認知症のひとの認知です.

母の場合.


出来ることはいろいろリハもやりながら

継続維持してあげたいのですよ.


いつかなるでだろう,

アルツハイマー的寝たきりになるのを引き伸ばすため.


今日もスタッフと楽しそうに帰宅しました . 

良かったです~ 





今日水曜日は

いつも毎週,20時までお預かりの日です.


夕食の支度がなく,その後の1時間近くの食事の介助もありません.

やること,やりたいことこなした,いつも水曜日でした 



先代犬マーシャが眠っているお寺に

書道写経に行くつもりが住職不在で

ボランティア奉仕でお寺境内の落穂拾いをしてきました.



樹齢700年といわれるクスノキの下で.

15,04,22


ひとり黙々と落穂拾いをしながら

「お母さん,今頃ご機嫌でいるかしら~ 」 と思ったり.


そして又淡々と黙々.


クスノキに見守られながらエネルギー充電.


            クリックお願いします
                  ↓
               














*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう