Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

05月« 2017年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 思い込みに猛反省・・・!

思い込みに猛反省・・・!

今日は授業がありました.

母も「フェアー」お休みにしました.



実は昨日の,お花見で,トラブルが・・・・


車いすから母落ちましたァ~


ふたりでお花見  が終了して,お寺からお借りした椅子を納戸に戻して.

後振り返ったら,

母は車椅子から落ちて土の上に横たわっていました・・・・




まぁ~なんといいましょうか,

予測を越えていました.


母は車椅子から自分で立ち上がったことが一度もありません.


立ち上がってもらう時,

介助者が母の両脇に腕を入れて抱きかかえながら立ち上がらせます.

要,絶対介助! であります. 



だからホンの一瞬,椅子を納戸に戻すのに

私が後を向いているときに自ら立とうとするなんて考えもしませんでした.



車椅子に座っている時は安全な時 と思っていました.



転倒は介護者の責任 と私自身が思っているのに,

自分の思い込み, 

母は車椅子からは立たない,立てない という勝手な思い込みに

愕然とした私でした.




実は母はとてもご機嫌だったのです  ,お花見で.


お花見ということはわかっていませんが

環境の変化  と

私の,今年もふたりでお花見できたぞ~キャワキャワ ぶりに

感染して,

母自身が何か覚醒していたのかもしれません.


ちょっと興奮気味なくらいの,母のご機嫌多弁ぶりでした 



あぁ~・・・  と凹みましたが

不幸中の幸い で骨折はありませんでした 



今の,高齢で認知症の母が骨折して入院となったら

廃用症候群を引き起こし,あっという間の寝たきりになるでしょうから,


私のミスで母が寝たきりになるのは絶対避けたい.

そんな取り返しのつかないことは絶対避けたいですから.


高齢者に多い骨折は絶対避けたい,させたくない.



楽しかった昨日でしたが

自分の思い込みに猛反省の日となりました.



なので今日は大事をとって「フェアー」キャンセルのお休みとしました.


でも重度のアルツハイマー型認知症の母なのに

自分で何かをしようとする気力を見せつけられましたね.


車椅子を使用し始めて1年半以上経っていますが

自分で車椅子から立とうとしたのは初めてでした.


15,04,05

うんッ・・・・


        クリックお願いします ↓
                 










*** COMMENT ***

pinkyさんへ

こんばんは~ pinkyさん e-343

お花見,毎年恒例です.
前年と比べられて母の変化もわかりやすいです.
そして以前飼っていたワンがそのお寺の桜の木の下に眠っているので
お墓参りも兼ねてです.
この子は認知症の母にとても寄り添ってくれましたから.
一緒に寝ていました.
この子も母が元気で嬉しいに違いない と私が嬉しい.

気をつけていても予測しない事が生じます.
猛反省と共に
学ばせてもらっていますよね.
ありがたいですね.

結局,私達にとって介護から多くのものを学ばせてもらっています.
介護がなければ今の自分はいない.

ま,介護がなければ別の自分がいた?!
それはわかりませんね.
私は今がいいですよ~v-218

NO TITLE

おはようございます(*^▽^*)
お花見行かれたのですね~♪

よかった~♪と思ったら、
お母様、車イスから落ちてしまったのですね(><;)
骨折していなくて本当によかったですね。
予想を越えることもありますよね(;^_^A

私も最近、予想を越えた拒否があり・・・
猛反省しましたよ(;´▽`A``

いろいろ考えてしまいました。
日々学ばせてもらっている・・・そんな気持ちですσ(^_^;)

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう