Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

05月« 2017年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 全く変わらぬパターン.

全く変わらぬパターン.

今日はお天気 

早朝から大洗濯開始して

布団干し,瑛太の座布団ベッドを裏に表に干し.


洗濯物を干すのに

母の眠っている部屋を通ってベランダに出るのですが

カーテンも開けられて誰かが行ったり来たりしても眠っていましたよ 



7時30分近くに 

「お母さ~ん  」 と起して,ご機嫌よくお目覚め 

母は誰かに声かけられないと起きないのかなァ~ とちょっと思いました.



私に満面の笑顔のオカメ顔で

「お母さ~ん,朝よ~,もう起きなくちゃ~  」 と話しかけられながら


布団の中に手を入れて母の手をスリスリ,肘まで上がっている袖を手首まで降ろして,

「大(オシッコ)に行きましょう~ご飯出来てるわよ~美味しいわよ~  」

言いながら.


「お母さ~ん,起しますよ~ いい~?!」 とベッドの電動背もたれを上げ,


布団を剥いで 「お母さん,足下ろしますよ~  と

母の体を回して足を着地させ,抱きかかえて立ち上がらせます.


母の部屋内は両手引き,その後は片手引きでおトイレに向います.

「いち,に,さん,...お母さん,上手ね~(歩くの)  と

リズム取り褒められながら歩いて.


おトイレで立ったままズボンを下ろし,リハパンとパッドを外します.

抱きかかえながら後向きに座らせて排泄.


その座らせたまま下のリハパン,ズボン下,靴下,ズボンを膝まで履かせます.


立ち上がらせて

「ちょっと冷たいわよ~ ごめんね~」 とウエットペーパーで陰部消毒して,

パッド装着してリハパン,ズボン下,ズボンを上げて.


おトイレから朝食が用意されたダイニングに向う途中の洗面所で

うがいと 「はい,入れ歯ちゃんよ」 と入れ歯装着.


ダイニングの椅子に片手をかけて立っていてもらって,


「お母さん,これ着ますからね~ 」 と

セーターを目の前でヒラヒラさせてから認識させてから

「じゃ~これ(パジャマ)脱ぎますよ~~」 と.


抱きかかえながらパジャマ上を洋服に着替えます.


テーブルに誘導して抱きかかえて座してもらい朝食です.



毎朝です. 所要時間20分弱.

ず~と何年も続いていますね~.


リハパンとパッド着用になって以来のパターンです.

この流れ,寸分も違いません.

だから母は混乱しませんね~. ありがたいです.


母は 「あら~」 とか 「??」 とか 「せんせ様ァ~」 とか言いながら

答えてくれますよ.


一昨年,

体調崩して,日常も車椅子生活になるのか,とうとう・・・ という時期もありましたが

介助付きで十分に歩けるように復活しましたしね.


       桜の木にクリックお願いします
                ↓
              
  








*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう