Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

05月« 2017年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 包帯巻き

包帯巻き

今日は

私は仕事,母は4時間のお預かりで「フェアー」へ.

ワン達はそれぞれのペースといつもの我が家です 




そんな中,

びっくりすることがありました.


母が

もう何年も全く出来なかった,認識できなかったことができました.


包帯巻き です 



母は看護師保健師でした.


今は医療機器は感染等を防ぐため使い捨てですが

母の時代の大昔は

包帯も洗って干して, 看護師が巻いての再利用のようでした.


母,巻くのがもの凄く早くきちんと巻けます,の当然 




数年前には

母の認知症と高齢のためのリハビリの一環として,

指先を通した脳への刺激にもなると思い,いつも巻いてもらっていました.



勿論,ただ投げ与えてひとりでやらせるのではなく,

私も一緒に横に座って巻きましたよ ヽ(*^ー^)人(^ー^*)ノ


「あら~お母さん,

やっぱり上手ね~ きちんと巻けているのね~ ありがとね~  」
 と声かけて.


事実,ホント上手なのですよ.

きちんと巻くための手順があるようです.



母はとても嬉しそうでした 


褒められること,一緒にやってくれる人がいること,

そして何より, 

「私はまだ出来るのね~」 という達成感でしょうか~



でも全く出来なくなっていたのですよ.

包帯そのものを認知出来なくなっていました.




昨日のことです.
15,03,14 1

15,03,14 2

しっかり集中して,サクッ とやっていました 


とても介護度5の重度の認知症の人に見えませんでした,その瞬間は.

嬉しい と ビックリ の私でした .


で,今晩又包帯を渡してみました.

「お母さん,おねがいしまぁ~す」 と.


???? で全然出来ない, これ何?? でわからない母でしたよ.


私は思わず頬ゆるむ   の,母のなかなかの認知症ぶりでした.


15,03,14



        クリックお願いします ↓
               









*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう