Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

06月« 2017年07月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 生徒と「フェアー」からの心使い.

生徒と「フェアー」からの心使い.

昨日は一日寝てましたよ,ひたすら.



朝の起床後,

鼻がグズグズして頭が重かったァ~・・・・

前日寝る前は調子回復してたのに でした.



前日の授業キャンセルの生徒から

「大丈夫ですか?!」メールが丁度入り,

やっぱりダメだわ~・・・   ということで授業もお休みでした.


「何か必要なものがあったら言ってください」 と生徒からの心使いでした.




母を「フェアー」に11時にお願いして 


そしたら今度は

午後に母は「フェアー」で軽い便ショックを起しました 


すぐに問題なく回復しているとのことでしたが

「帰宅時の階段の昇りが辛いかもしれないので

今日は無理して帰宅せずともお泊りできますが」 とおっしゃってくださいましたよ.


母がそろそろ帰宅してくるから布団から出て,

母のお迎え準備や夕食の支度しなくちゃ と思いつつの時でしたから,



母のことが気になりつつも

あら~~このまま寝て入られるわ~ ついているのやらなんなのやら~ と

思わず思ってしまった私でした 


で,

母は今月一回目の一泊お泊りしてます.


で,

十分な,十分過ぎる寝過ぎで今頃起きた私です.

鼻水はとりあえず治まっていています.

若干ダルっぽいけど,ま,いっかです 


鼻水止まったので授業再開できるし 



私が体調崩しているのを知っての,「フェアー」の支援に感謝です.

母は8年以上も「フェアー」を利用しています.

母のことに関しての十分な熟知と,理解があります,ありがたいです.




        ”今日のボクたち”

15,03,09

ゆうちゃんはしっかり自分のペースで. ボクもJulia と布団の中で  + 


ゆうちゃん,途中でウンチフミフミ・・・・

「ゆうちゃん,ごめんね~」 て,やった本人がじゃなくて,

床拭きしているJulia が言っていたよ. 
 

間に合わなかったのは仕方ないもんね~


          クリックお願いします
                 ↓
               














*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう