Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

05月« 2017年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … ゆうちゃん,治療中.

ゆうちゃん,治療中.

今日は

母をお昼に「フェアー」に預けて,その後は授業でした.


生徒が来る前にメールして

「車に乗ってきて,帰る時私を乗っけて行って~」 と.

授業が終わって生徒の車に乗っかって,

ゆうちゃん連れて獣医さんへ.



獣医師からは丁寧な説明があって,

ステロイド投与に関しては

突発性前庭障害の原因が特定されていないので薬はなく,

ステロイド投与も効いた場合がある という見解で

ゆうちゃんの場合, 投与はなし です.


加えてゆうちゃんが老齢なこともあって.



でも今日は補液をしました.

吐き気止めと胃酸中和剤を足して.


ゆうちゃん,

昨晩から症状が悪化していて 嘔吐 が始まりました.

それと食事を全く受け付けなくなりましたから.


”食べることが人生(犬生)最大の楽しみッ  ” の,

あのゆうちゃんが です 


水分補給もです 



身体も揺れて立ってはいられません.

かといって立とうとする.

今はオチッコ時にケージから出た時は私が支えます.


眼振は水平にすごい.



ゆうちゃん,あまりの辛さに,

私に身体ごと支えられても抱っこされてもほとんど抵抗なし.

その位,辛いのでしょう・・・・


獣医さんでのゆうちゃん,

やっぱりあまりの辛さゆえか,やはり人に触られてもあまり抵抗はなし・・・

エリ(ザベス)カラーをして診察台にも上れていました.


先生からは入院の話もあったのですが

ゆうちゃんの生育歴から鑑みても,

環境を変えず,

私のそばが一番いいだろうということになりました.



ゆうちゃんはすごい大喰らいの子ですが

食べられなくなった途端,体重がアッと言う間に減りましたよ・・・

15,02,22


実は母も怪我をしています.

とりあえず今現在は何の問題もなし ですが.


授業が終わって行った獣医に丁度2時間半かかりました.

とても母の帰宅の17時には間に合わないので

19時までのお預かり延長をお願いしました.


母の怪我は気になってはいましたが,

表情も冴えて,ご機嫌での帰宅でした 


ゆうちゃんを連れて帰宅したのが19時丁度.

ギリギリのセーフでしたよ.


ゆうちゃんは明日になっても食事が取れなかったら

獣医さんへ行くことになっています.


              クリックお願いします
                     ↓
                    










*** COMMENT ***

しいこねこさんへ

引き取った時は
すぐ寝たきりになるだろう 状態の看取り覚悟だったのですが
リハやら何やらですごく順調に健やかちゃんになって
私の気分は 万歳~!! だったのです.
もう少ししたら3月くらいには
お散歩に行く予定まで立てていましたからね.

気分は ガクッ でした.
でも辛いのはほんにんゆうちゃんですから.

多くのワン達が殺処分になるなかで
生き残ったゆうちゃんです.
なにがなんでも長生きしてもらいたいのです.

ゆいこさんとの応援,ありがとうございます.

うささんへ

はぁ~・・・
まだ改善の兆し,ゼロですよ~・・・

母と瑛太はいつもの調子でいてくれてありがたい.

私は寝不足.
細切れに寝てるから.
今晩も母に添い寝して私もちょっとガッツリ眠って
さっき起きたですよ.
ゆうちゃん回復したら寝貯めだな・・・

部屋も散らかっているのよ~・・・
この夜中にこれから掃除だ.

心配してくれてありがとう~です!

NO TITLE

ゆうちゃん、大変な事になっていたんですね。
知らなくてごめんね。。。

ゆうちゃん、乗り越えられるよう、ゆいこさんといっしょに応援してるから。

お母様もお大事になさって下さい。

NO TITLE

ゆうちゃん、どうだい?
まだ具合悪いかい?
ご飯は食べれるかい?
 
季節の変わり目だからね。
急な気温や湿度の変化は嫌だよね。
瑛太君も、お母様も、ご注意を。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう