Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 出来ても,もう出来なくても.

出来ても,もう出来なくても.

今日も午前中,

ボール投げやら部屋の中を歩いたり,

嚥下体操の首回りと,脚のマッサージ.

母と私のいつも通りです 



でも出来なくなったことも増えました.


以前は

数字盤数字並べと,

包帯巻き(母は看護師保健婦でしたから)もやっていました.



その前は

お薬をひとつずつハサミで切り離したり,

ペーパータオルを切り離し畳んだり,

畳む というと洗濯物も畳んでくれていました.




他にもいっぱいやれることがありました.

トランプ,オセロ,公文の学習療法,紙笛吹き.....


おうちに居る時は

ふたりでいろいろリハを兼ねてやっていましたね.


楽しそうでしたね~ 

「まだまだ私には出来ることがあるのだわ 」 と.



認知症の進行していく中で

母自身が,

ある意味必死になって,どうにかなんとか何かをやって,

自分の中に達成感を得ようと見つけようとしていることに

私も嬉しくもあり,切なくもあり,

一緒にやろう とひたすら寄り添いましたね.



ここ数年でしっかり認知機能が落ちています.

午前中やることがこんなに少なくなりましたからね~


ま,アルツハイマー型認知症なので仕方なしです.



そして

張り付いて寄り添っていれば

ご機嫌でいてくれます 

不安不穏はありません 



出来なくなったことは増えましたが

介護生活も長くなると認知症の進行もあり,

出来る, 出来ない ということはもうあまり関係なく,

ご機嫌で穏やかに残りの人生を過ごしてくれるだけでいいのですよ.


それが母への私の強い希望です.

私の大切な家族として.



老人ホームにいた母を

自分の家に引き取っての在宅介護が8年ですものね.


普通の,家族生活です.


目指してきたものですからね 




このかたも順調,お元気   

家族になってもうすぐ2カ月です~
15,01,25 2

緊張なく爆睡  している時の,

このお耳の倒れ具合が もう~たまらないッ 


でもって,

この時私にお手手ニギニギされてますよ~~ 

今はこのニギニギにすっかり慣れて,目覚ましませんよ~ 



         クリックお願いします ↓
                  
   









*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう