FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

11月« 2019年12月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»01月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … ドクターからの質問と確認

ドクターからの質問と確認

     
     先週、脳外科へ母のアリセプト錠を取りに、私ひとりで行ってきました。



ドクターからの質問と確認。


     「介護によって認知症の症状はは改善されるか」


     「認知症の発症によって介護家族が今まで通りの生活を一緒に過ごせない事により
 
      手段のひとつとして介護施設に入居させざる得ないという判断が多いが、
 
      それ以前に介護のやり方次第で、
 
      認知症が発症しても一緒に暮らせる事が容易か、乗り越えられるか」




私は 「イエス!」 ときっぱり。


私自身は母とずーと居たいという思いが強いから
あえて入居施設から引き取りましたから

この強い思いが原動力となって
ふたりで穏やかに暮らすための努力と覚悟は必要だと思っています。


      何かあったらhug、hugしてあげ、してもらい、
      ほっぺにチュッをして、してもらい、
      手を握っていたり、
      脚をマッサージしたり、
      添い寝で身体をぴったりひっつけあったり、
      お風呂に入れてあげたり、
      いつも髪の毛を梳かしてあげたり、
      ぴたりと寄り添っておしゃべりしたり


                    ・・・・と身体的接触を欠かさずして・・・・


      何か手伝ってくれた時は ありがとう、悪いわねぇ~、たすかるわぁ~

                    ・・・・となにかにつけて感謝の言葉を述べ・・・・


      何か出来た時は すごいわね、できるねぇ~、がんばったのねぇ~


                    ・・・・と笑顔で答え・・・・


      私、お母さんの事、だ~い好き!
      一緒だと幸せだねェ~!
      親孝行させてねッ!


               ・・・・といっぱい言ってあげ・・・・
                      例え私を娘と全然認知できずとも。

                        ほんとの事だから言うの全然恥ずかしくないしの私だし。


      医学的に効果の確認されている学習療法が良ければそれをふたりでこなし、

      まだまだ出来る事を見つけてあげて自立(?!)を促し、

      出来ない事は手助けするし、

      わからなければ、たとえわからなくても説明してあげるし、

      規則正しい生活のリズム、バランスのとれた食生活と運動。
              ・
              ・
              ・
         と、エトセトラ・・・・


の、くりかえしだと本人、不安になってる暇ありませ~ん。

不安の暇ないから、素直に今その瞬間の自分を受け入れる事が出来てます。

認知症でわからんちんの母ですが、
今の環境と条件で自分の人権と人格が守られている事を十分感じ取っています。



以前入居施設にいた時の職員は
多分母はもう追視も出来ずの無動の寝たきりになっていると思っているかもしれません。
それ位改善され普通の生活を送る事に何の問題もありません。



そして一番重要なことは

   私は母がアルツハイマー病の認知症という病であるということは
   日常生活のなかで決して忘れた事はありません、「彼女は病気なのだ」と。


   そして病気になった時、もし自分がされて嫌なことは今の母には決してしたくありません。
   彼女は病気だから。


   周辺状況の改善によっての穏やかな母があり、それによっての母と私の穏やかな生活。
       で、穏やかな生活のために母に穏やかさを。
       で、母の穏やかさのために周辺状況の改善を。
       で、私は周辺状況の改善を試みるために 介護 を努力するのです。

   たとえ認知症であっても  ふたりが楽~  であるために。

   その結論のために。


                                    とドクターに説明しました。




ドクター自身、母の周辺状況の改善ぶりを知っていて(もう二年以上のおつきあいです)

、ドクターにとってもひとつの例として、私への、あえての質問と確認でした。




              
                ブログランキングに参加中
                  上下二ヶ所にクリックお願いします

                     人気ブログランキングへ



*** COMMENT ***

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう