Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 奇妙なふたり?!

奇妙なふたり?!

今日は雨.

よって私の日中の予定は変更.



毎週水曜日は仕事は入れずに,

ヨガや筋トレ,そこまで行くのに強めにウォーキングしながら身体鍛えたり,

その帰りは亡くなった先代犬マーシャが眠っているお寺の庭掃除で,

その後図書館へ が通常水曜日予定ですが....あぁ~今日は中止でした.


家に籠もってひたすらドキュメント処理,シュレッダーでガァガァーー.

机上,机中スッキリで気分もスッキリ 




でも母の予定はいつも通りで「フェアー」に行きました.

しかも母は今月一回目の一泊お泊りです.



行く前にクリニックに高血圧のためのお薬をいただきに受診でした.


丁寧な問診と触診で何も問題のない母でした 

今日のクリニックはいつもよりとても混んでいました.



待合室で順番を待っている間,

う~~ん,お母さん飽きちゃうかな~・・・ちょっと不安になっちゃうかな~・・・


なので,

ぴったりくっ付いて座り,こめかみあたりもくっつけて  ←こんな感じ.

ウフフ~ と声かけながら,

肩から手を回してもう片方でお手手握って,ニギニギしたり.



母は黙っていると認知症の人に見えないので,

待合室の人達には異常接近接触の奇妙なふたりに写ったらしい~


そのうち母が数字を数え始めて,

 「に ご の10ちゃん  」 と繰り返し始めました.


それで母が認知症の人と納得,この奇妙な親子にも納得 というところでした.



母は不安になることもなく,ニコニコ 

私の声かけに答えて順番をまってくれましたよ.



クリニックの後,

いつものようにコーヒーショップに行きたかったけれど,

これも雨で断念.

今度ね~晴れた日にね~ ということで.




今晩私はこの後,友人と夕食の約束です.

それで母にお泊りお願いです.

ま,私にお願いされても何もわからない母ですがね.



介護家族の私が自分のことをきちんと当たり前のことが出来るのも,

「フェアー」の支援のおかげです.


母に対してスタッフは優しく見守ってくれています.

母も7年間近く通い続けていて十分その環境に慣れています.

とても安心して預けることが出来るのですよ 


この「フェアー」の中身が伴った支援 (← ここ大事!) がないと,

母と私の,介護していても 「普通の生活」 が成り立たないのですよ.


この介護サービス「フェアー」からの支援が

私の介護ストレスのない,大きな理由のひとつでもありますよ.




今日の朝ご飯
14,10,15 朝ごはん

トマト・ブロッコリスプラウト. 煮豆(但し,市販)

ブロッコリとシラス炒め. 秋刀魚のお刺身. 海老・ワカメ・キュウリの酢の物.

玄米ご飯. お味噌汁は小松菜で.


母,完食で残さない人.

食するのに私に声かけされながら1時間近く掛かりましたが.

ブロッコリは茎も栄養価が高いので

それも入れたら,硬くて筋っぽくて母的には難儀だったようです.

完食にありがたいし,嬉しいです.


       クリックお願いします ↓
                







*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう