Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … スリッパも.

スリッパも.

金曜日からのなかなかの忙しさの中,

昨日「フェアー」からの一泊お泊りから帰宅した母.



ご機嫌お元気で,

ゆえにビックリしたことがありました.


ベッドで入眠していた母 

それで私は自分の勉強部屋におりました.


ふと気配が・・・・.

見ると 母でしたーーーーーッ 


自分でベッドを下りて私の部屋まで歩いてきたとういわけです.

私は立っている母の姿を見て 心臓ギュッ でしたよ 


転倒が怖かったから.

あぁ~~よく転ばなかったな~ と.

いつもは必ず手を添えての介助が必要なのに.



急いでソファーに誘導して.

ちゃんとスリッパを履こう というのもみえてましたね.


普段,スリッパは自分では履けませんし,スリッパの意味もわからないはずなのに.

片一方だけですが,しかも左右逆ですが~

履こうとしてきたわけですよ 
14,09,07 1


その後はご機嫌におしゃべり 

私の手を握って.

眠る気,全然なし 

14,09,07 2

昨晩は

何も出来ずで全介助の母ではありませんでしたね~

自分でやろうという母でした 


転倒は困るけど.



そして今日もいつも通り,13時から17時まで「フェアー」で.


私は英語の授業が終わって

母の帰宅を待つだけです 



メロンを頂きました.
14,09,07

帰宅したらまずメロンを食べてもらおう~ 



        クリックお願いします ↓
               












*** COMMENT ***

cocoさんへ

cocoさん,ありがとうございます e-343

母を見た時,
冷静に「あら,お母さん眠れないの?!」と普通の言葉かけをしました.
びっくりした声を上げたら母が驚いて転倒するんじゃないかと一瞬思って.

内心,驚きのあまり心でのけぞっていましたぁ~~e-447

でも自分の意思決定で歩こうとしたり,
しかも理解出来ていないスリッパも履いて.
私はとても嬉しいです.

でもホントに全く目が離せなくなりました.
転倒だけは何がなんでも避けたいですから.

今はそんな状態ですが
悲しいかな,アルツハイマー病で高齢なので
いずれ又歩けなくなる日がやってきます.
それまで今の状態をベストに保っていて上げたいと思っています.

cocoさん,母のこと気遣ってくださって嬉しいです e-466

NO TITLE

おおおお~~なんて素晴らしい!!
お母様に気がついたときのJuliaさん、さぞかしビックリなさったことでしょう。
私も鳥肌が立ちました。

お母様、ご自分の運動機能を取り戻してきていらっしゃるのですね。
日頃のJuliaさんの愛情いっぱいの介護の賜ですね。

ご自分の意思で、ご自分の行きたいところに行ける、健常な人には当たり前のことだけど、一旦なくしてしまった方には奇跡のように思えます。
お母様のために本当に嬉しいです。

とはいえ、転倒の危険性も同時に増えてしまいましたね。
目が離せなくなって、ただでさえお忙しいJuliaさんの負担が、更に増えることと思います。
幸いこれから過ごしやすい季節になりますが、どうぞお体に気をつけてくださいね。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう