Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

09月« 2017年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … アルツハイマー病の人の例BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … アルツハイマー病の人の例

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルツハイマー病の人の例

母は昨日2泊3日から帰宅しましたよ.

ものすご~く歩様軽快,ご機嫌の多弁 


でもこの調子の良さがちょっと問題でした.


母は「フェアー」で帰宅間際に転倒してしまいました.

自分でひとりで歩こうとして立ち上がってしまった時だそうです.

病院で受診して今の所はなんら問題ありません.



今の母は自分で歩こうとするのですよ.

立ち上がりそのものもとても軽いのです.

おトイレに行きたい とか 自分で歩行訓練(?!)しようとしたりして.



我が家でも全く目が離せなくなりました.

基本的には私は張り付き状態ですので

その辺は問題ないのですが

もう母がいる時は私はお風呂に入ることができなくなっています.

母が眠っている時以外は母をひとりで座らせておく事はできませんよ.



以前は座ると,ベッドに入ると,

立ち上がったり起き上がったりすることは全くなくなってしまっていましたから.


ま,かといって

見守りの強化が必要となっただけで

お風呂やらは母が眠っている早朝か夜中に入れば済むことですからね.



私にとって母が,

歩けるようになった事,

とてもご機嫌な事,

とても楽しそうにおしゃべりする事,

そして自分の意志をはっきり示すことの方がとても大事ですから.

排便超~順調の,完食ですしね~.  


とても嬉しいありがたいです.

でもちょっと不可思議ですがね.

アルツハイマー病認知症の人が

こういう形でこういう風にいい方向に変化することが です.


この病気に関する本を読むと

母のような例は書かれてないし,あり得ないようで・・・・



私の方はまだちょっと痰が上ってきますが

咳はなく順調に回復しています.


体調が回復していつも通りの,

お泊りから帰宅した母と瑛太との生活.

これが一番我が家らしいです  



今日一日はゆっくりの私です.

編み物練習用のシュシュを作りました.


明日からこの間溜まってしまったことをこなすのに

怒涛の忙しさになるのだな~多分 
14,08,12


           クリックお願いします ↓
                 











*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。