Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 「脳内快感物質」全開♪

「脳内快感物質」全開♪

昨晩,

母は「フェアー」一泊お泊りから帰宅.


一緒に帰宅したスタッフからのお話し.

「凄かったですよ~ 

もうとてもとてもおしゃべりをなさって

他の利用者さんに話しかけられたり,

皆(スタッフ)も思わず笑顔でした~~  」 と.



帰宅してもその通りでした.



添い寝したらもうおしゃべりが止まらない~


驚きなのは

もう何年も出たことのなかった単語がゾロゾロでした.

うちのお父さん(私の父のこと),ご飯,自分の苗字名前をフル,うちの子供達やら,,,,


「私はいっぱいやってきたのよ~」

「000ちゃん(自分の名前)が先にやると皆もやるようになるよ って言われてね~」


この類のことをず~とおしゃべり,この笑顔  で私を相手に話しかけます.


自分の頭の中にある世界でそれを語っていましたよ.



文脈も長い~~~

こんな風に長い文脈で自分から話すことなんて,

全くず~とありませんでしたから.


「ベーターエンドルフィン」 「ドーパミン」 「オキシトシン」 などの

「脳内快感物質」の分泌,全開状態でした 



最近の母は

「フェアー」のケアマネやスタッフとも話しているのですが

笑顔や調子がグラフにすると右肩上がりに調子よいのです.

歩行も含めて.


この調子を頑張って維持しよう~~

母の「脳内快感物質」が全開  だと

私まで全開 

あぁ~~幸せ と.




母は介護認定の更新の時期ですが

もしかしたら介護度4の現在から介護度3になるかもしれません,この調子だと.

と,ケアマネと私の意見です.


介護の内容による,母の機能維持と改善の目指してきた結果だと思うと

介護度3になったら介護サービスの見直しですね.



今日の朝ご飯
14,07,29 朝ごはん

茄子・ピーマン・茗荷をおかかたっぷり炒め (ふたりで)

切り昆布と生姜の炒め煮. 鯖の塩焼き. トマト・スプラウト.

玄米・黒ゴマ.  小松菜・油揚げのお味噌汁.


食物の1個1個が

身体の細胞の栄養となり,エネルギーを与えてくれますように.

母の 認知症でも健やかお元気 の元でもありますから.


        クリックお願いします ↓
                












*** COMMENT ***

じーじょさんへ

こんにちわ~ じーじょさんe-343

脳は凄いかもしれない という思いです.

母はアルツハイマー型認知症で海馬がやられて
記憶がダメになっていますが
でも歩けたりしゃべることはできます.
すなわち脳の運動野や言語野はやられていないわけです.
これらの残りの問題ない部分をどう活性化させるかが課題でした.

認知症からくるところの症状も
不安や不穏や恐怖に対するストレスホルモンを出させずに
この脳内快感物質をいかに放出させるか,
そのためには介護者の対応だと思ってやっています.

認知症薬の前にケアと 思ってやってきましたが
母はアリセプト錠もとうの昔に中止しています.

しかも幸いにも通所・お泊りの「フェアー」が
十分な対応をやってくださっています.
在宅自宅と施設との母を真ん中においての
チームワークが機能しています.

アルツハイマーだからドンドン駄目になるのではなく
ギリギリ進行を食い止めるのは可能だと思っているんですよ.

母が穏やかですと当然私も穏やかです.
普通の生活が送れます.
私も働けます.
いろいろ人並にやることが出来ています.

今日も暑いですゥ~・・・
熱中症に気をつけてくださいなぁ~.

熱中症になりかかった私より.

お世話の甲斐が

明るく、頑張ってお世話されていらっしゃるから、脳の違う部分が
補ってきているのでしょうね

あるテレビ番組で、事故で損傷した脳を他の脳の部分が発達して補うって言うのを見たことがあります。

ギリギリのその時まで、可愛く
おしゃべりさんで居て欲しいですね

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう