FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

12月« 2020年01月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»02月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … ほっと今回、そして次。

ほっと今回、そして次。

今週木曜日夜、下剤フォルセニッド錠、投与。


翌、金曜日の午前中から排便が始まり、

  いつ血圧が下がるか、泥状便・水様便になっての顔面蒼白、時には激しい嘔吐になるか

    ヒヤヒヤ   ドキドキ の見守りの中で

      今回は我が家で、上記のような状態になる事もなく・・・日中で、全てが出切った感じ。


夜間「フェアー」でのお泊りでも、それ以上の排便はなく、
今日午前中の母は何ら問題なし状態。



                     ホーッ
                                   ですよぉ~



    で、で、でも 何故だぁ~~?  なのだ。


正月以来の、救急搬送とまでいかなくても、

   あのひどい便ショック状態は、一体何?

   今回の何事もなく順調に行ったのは、一体何?


      勿論、今回がラッキーなだけ!と気を引き締めないと!!!



下痢と便秘 両方にリンゴに含まれるペクチンが良いと、毎日リンゴ、
特に皮にペクチンが含まれていると知ると、
たまには(基本的に嫌いらしいから)ご機嫌とりながら、皮ごと食してもらい・・・・

・・・ヨーグルトやら、その他含めて日々の食事でも食物繊維は十分のはずだし・・・・
              ・
              ・
              ・
と、見つけました、とりあえず 



        身体にやさしい便秘解消の特効薬!


  一晩水につけた玄米と、あずきを、原型をとどめないほどトコトココトコト煮込む。

   うわずみのおも湯を食べる。ひどい便秘の時は2日間ほど続けてみると効果あり。
          

           玄米とあずきの食物繊維は不溶性食物繊維で、
             水に溶けにくい性質のため
               腸内で水分を含みながら、
                 便の硬さや量を調節してくれます。
                                   つう事らしい・・・



薬にばかり頼るのではなく(アリセプト錠や血圧降下剤は仕方ないけど)、
で・き・る・だけ 自然の食材、食事管理で、母の体調管理を目指している私としては、
やってみますよッ、これ!!!


              わらにもすがる思い?!?                          
                                つう事ですゥ・・・

                  



                        
                上下バナー2ヶ所、
                         クリックお願いします 

                        人気ブログランキングへ




*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう