Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

09月« 2017年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … お返事♪BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … お返事♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お返事♪

お天気です.

あらまぁ~嬉しいわ~と一日の始まりです 



よくいぬの瑛太に呼びかけます.

「瑛太~  と.

瑛太はパッと頭を上げたり,アイコンタクトを送ってくれます.


最近なんですけど

「瑛太~  」と呼ぶと

こちら側で 「はいッ」 という返事が返ってきます.

母です.

しかも小学校入学の新一年生が先生に名前を呼ばれた時のような

お元気な返事なのですよ~ 


もう私はこけて爆笑です~~




そしてたまにやるのですが

「お母さん,私の名前は ジュリア よ~

はい,ジュリちゃんと言ってみて~  」



母は私が自分の娘だとはもう全くわかりません.


でもたまにこうして私の名前を言ってもらおうとします,私.

昔母が認知症でなかった頃の私への呼び名です.


ま,無駄な努力と知っている今現在ですが.



昔,今現在ほどは認知症が進行していない頃は

この問いかけに

「あら~ お宅様,ジュリアちゃんて言うの~

うちにもジュリアという娘がいるのよ~」
 でありましたが.

ハァ~・・・・


今はこの言葉を耳で聞いても

頭の中で変換してそれを復誦することができなくなりましたね.

キョトン???です.


それでも又言ってみる私.

「ジ・ュ・リ・ちゃんよ.

はい,ジュリちゃぁ~ん」
 て.

すると母は 「はいッ  」 と.


いやいや違う違う,私がジュリア. あなたはるりこちゃん.


もう一度, 「ジュリアちゃぁ~ん」 て.

「はぁ~い  」



お母さん という呼びかけには

いつも問題なく 「はい」 と答えてくれますよ  



今日の朝ご飯
14,05,08 asagohan

豚肉・茄子・ピーマン・茗荷の味噌炒め (ふたりで)

かぼちゃの煮つけ. 人参のジャコ炒め. サニーレタス・トマト.

玄米に黒ゴマ・大葉. 油揚げのお味噌汁.


身体の1個1個の細胞に栄養とエネルギー補充.

今日も一日が始まっています.


          クリックお願いします ↓
                  






 





*** COMMENT ***

ひなさんへ

ひなさん,おはようございますe-343

どんな風にお母様と過ごされているか気になる私です.

ひなさん,すごいですね.
ちゃんと冷静さを取り戻しつつありますものね.
自分を見つめて見つめて,
ゆっくり着実に気持ちが整理されていますものね.

ただ,気持ちがしっかり完全に納得整理できるまで
出来る限りお泊りをお願いして
時間と空間を共有しないでいる方がいいと思うのですよ.
もし私だったらそうすると思います.

>3日間お泊りしただけなのに、母は一気に進行したように見えました。<

当然あるかもしれません.
お母様にとって確実に環境が変わりましたから.
環境の変化に混乱しているのでしょう.
お母様が施設の環境に順応した時,
ひなさんから「ここはこうして欲しい」というお願いと要望を出される時だと思います.

そして私はとても嬉しいのは
ひなさんが回りのひとやものに恵まれていることです.
柴のひなちゃん,上司,同僚,施設スタッフ,家政婦さん,ケアマネ,友達.
うん,すごい!
でもこれはひなさんが引き寄せたのですよ.
いままでのひなさんががんばっているひなさんだから
回りがいてくださる.
ひなさんの存在は素晴らしいのですよ~~e-460

人は本来潜在的に,
欠乏感,不完全感,孤独感,欠落感等々を抱えた生きものです.
で,今あるものをカウントしてみる.
いっぱいあるんですよね~うん,あるある って.
私はいつもカウントしているんですよ.
HAPPY と THANKS の数をです.

今日も一日が始まっています.

この間私の方は仕事の方向性をはっきりさせるためにワタワタ忙し!でした.
エネルギー枯渇気味・・・トホホ・・・なので
休憩しながら頑張る.
今日の私はこれでいきますe-284
ひなさんもe-343

柴のひなちゃんに宜しくe-328

NO TITLE

ジュリアさん こんばんは。

お母様、かわいいですね。
「瑛太く~ん」「ハイッ」って。
穏やかで平和で幸せな空気が伝わってくる。
そういう介護っていいな。
うらやましいです。

ジュリアさん、私ね、母を落ち着いて迎えることができました。
3日間お泊りしただけなのに、母は一気に進行したように見えました。
確かにそうなのかもしれないけど、私が冷静に母の状態を見ることが
できるようになったということかもしれません。

少し距離と時間を置いただけで見えてくるのかもしれないね。

今日も色々ワガママやら何やらだったけど、これまでのようにイライラして
叱ることもありませんでしたよ。
こういう風に過ごせるなら、もう少し在宅を増やしてもいいかと思うけど、
離れていたからこそ冷静な対応ができたのかもしれないし。

ともかくもうしばらくは離れてる時間を作りながら、本当の意味での
自立ができるよう、共依存から脱却できるようやっていきたいと思っています。

母の重たすぎる愛情や過干渉、愛憎入り混じったような思い・・いろんな
感情が湧き上がってはくるけれど、目の前にいるのは歩くこともできなく
なってしまった認知症を患った老女なんだよ・・・。

少しずつ少しずつ自分の気持ちを整理していきたいと思っています。

ジュリアさん、毎日私の気持ちを聞いてくれてありがとう。
そして心に響くお返事をありがとう。

私、介護に追われてる間、疲弊している時、自分にないものや
失ったものばかりを数えて悲嘆にくれていたけれど、ホントはたくさんの
人や物に恵まれてた。
優しくてかわいい柴犬ひな。
介護に理解を示してくれる上司や同僚。
私を心配しながら母の世話をしてくれる施設のスタッフ、家政婦さん、ケアマネ。
私を気づかってくれる友達。
そしてそして毎晩私の気持ちを聞いてアドバイスをくださる介護の先輩の
ジュリアさん・・・。

みんなに感謝しなくちゃ。

明日はまた大変な一日になるかもしれないけれど、頑張ってみるね。



COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。