FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

07月« 2019年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … これも母の世界.

これも母の世界.

昨日起床時無言の母.

その後も口数少なく,あらま でしたが

昨日帰宅時には

ご機嫌ニコニコで外階段の昇りも

介助されながらも軽快でした 


いつもの 「そうよ,その調子よお母さん」 でした.



今日は

「フェアー」予定のお休み日です 

朝から いつものその調子よ   の母です.



今日は朝から気温が下がっています.


う~ん,昨日までの服装じゃ肌寒いだろうから

今日は冬用のズボン下を着用させました.


但し,

「寒くない!?」 も 「暑くない!?」 の問いにも

認知症故に

しっかり答えることでの自分の意志を示せませんから

認知症の介護家族は

こういう時はなかなか困るかもしれません.


又,母は高齢者故に

私とは体感温度が違いますしね~



今時期,朝方の冷え込みも考慮しての

夜間の掛け布団の調整もあります.


なんでもないようなことですが

私は本人じゃないので

その辺の調整にいつも唸る今の時期です.




昼食はお蕎麦.

新玉ねぎ・シメジ・ゴボウの卵とじ.


母の世界で.

ゴボウを並べています.

14,04,18 お昼ごはん


今日は硬いと思ったゴボウを並べています.

楽しそうに,しかも真剣に綺麗に並べようとしていましたよ.

「お母さん,

食べられるものなのよ~ ちゃんと食べなさ~い  」
 と

私に声かけされながら.


硬た目のものをそのまま食べるときもあります.

同じものでもこうして並べるときもあります.


並べたあとに食べるときもあります.

そのままにして食べないときもあります.



母の中の,母の世界なのですね~ 



            クリックお願いします ↓
                     









*** COMMENT ***

ひなさんへ

ひなさん,おはようございます e-343

お疲れ様です.

介護家族の辛さは
その親あるいは伴侶がもう以前のように元に戻らない,
昔のその家族を知っているその家族には
それは絶望以外何もなく,
なのにひたすら時には骨身を削った介護になります.

でも以前のようには決して元に戻らない病で
その中の葛藤はすざまじいものがあります.
やってもやっても,決して結果が出ず です.
そのストレスは大変なものです.

私の場合ですが
それはすっかりすっぱりあきらめて
母に残された別の,時には私の知らなかったいいところを
引き出そうと思っています.
それが私が取った 運命を受け入れる という現実路線です.

私の母はもう大人のひとではありません.
赤ちゃんです.
母から産まれた私が母の赤ちゃんになりたいよ と思う時もありますがね(笑)
ま,赤ちゃんを赤ちゃんの時にやらしてもらいましたから
それで良しですね.

あと,介護サービス等の支援を徹底的に利用することです.
これはとても重要です.
昔の日本はこういう支援はありませんでした.
だからありがたい世の中になったと感謝しながら使っています.

昔お泊りを利用開始した頃は
何故か後ろめたさがありました,母に対して.
なんか自分だけ楽をしているようで.
でも今は全~然そう思っていません.
お家でふたりで籠もっているより母にとって刺激になります.
お預かり先が安全と安心の場ですと
本人がそれなりに楽しんでいますよ.
ま,そのためには預ける場所が安全安心の場であることが前提ですが.

帰宅した母にはこう言います.
「良かったね~皆(スタッフ)に会えて.
私の方もこれもこれもこなしたよ~やり終わったよ~ e-343,ありがとね~」と.

そして私の場合ですが
私は決して笑顔を忘れません,母の前では.
脳の中にミラーニューロンというものがあります.
近年脳科学がめざましく発達しているなかで
このミラーニューロンの発見が最大の発見であったと言う研究者もいます.
相手の感情を読み取るこの仕組みを
私は最大限利用しています.
私の笑顔で母の笑顔を引き出します.
その笑顔で私の笑顔が引き出されます.

私は当初これを利用するのに
笑顔の訓練をしました.
部屋のいたるところに「笑顔よe-343」と貼り付けて.
いつも口角を上げているための訓練でした.

もし私が怒りや不安や不愉快な顔をしていたら
母もその私の表情からそれらを感じ取って感染してしまうでしょう~

今の母は私の口角の上がった顔を見て
「あら,このひとご機嫌なのね.
何も怒っていないのね」 と感じているはずです.

認知症のひとや高齢者や病のひとへの介護において
これは劇的な効果があると私は思っています.
今の母を見てそう思っています.

笑顔は免疫力も上げるそうです.
顔が笑顔しているだけで自分もエネルギーに満たされますよ~~~

ところで
ワンちゃんの名がひなちゃんなんですね~e-328
小型犬ですか?
家族構成が全くうちと同じですね~

今日も素敵な一日を e-328

NO TITLE

先日は丁寧なお返事をありがとうございました。
心に沁みました。

私は「なんとか母を元気にしたい」と心のどこかで昔の母に無理やり戻そうと
していたのかもしれません。
どんなに一生懸命介護してもしても好転しない状況にイラついていました。

でもね、やっとおっしゃる通りだなぁと思えるようになりました。
心にストンと落ちたというか。
若いころの母と比較してはダメですよね。

最近は私のストレスがMAXになり、母を怒鳴りつける毎日でした。
ささいなことでも感情が抑えられないのです。
私の様子を見て犬のひなは怯えちゃうし・・・。

周囲の方々が私が限界にきたと思われたのでしょう。
母をショートステイに預けたほうがいいと言われ、先日初めて利用しました。

そうするとなんだか心に余裕ができて楽になり、帰宅した母を優しく受け止めることが
できるようになったんです。
色んな方々に甘えて、手をお借りして、優しく穏やかな日々を送ることが
母にとっても私にとっても一番の幸せなんだとやっと気づきました。

母の病状が進行したのか、私が叱りすぎたのか、母はあまり笑わなくなりました。
でもね、私もそういえば最近家で笑ったことなかったなと気づきました。
母だけじゃなかった。
確かに母と私の日々はこの先そう長く続くものではないかもしれません。
だからこそ二人で笑っていたい・・・と思います。

ホントにありがとうございました。
毎日ブログで励まされ優しい気持ちにしてもらっています。

またメールしますね。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう