Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 介護のご褒美♪

介護のご褒美♪

母が一泊お泊りから帰宅しました.


まぁ~~素敵素敵  でした.


まず「連絡帳」からです.

母,いつもの数字言語でなく,日本語でしゃべっていましたね~



その中で

帰宅前のおトイレで

「私は保健師と看護師をしてたのよ」 と言ったそうです.


あら~~

もうず~~とその言葉を聞いたことがありませんでした,数年も.

そして普段から私が話しかける言葉の中でいつも

「お母さん,保健師さん看護師さんだったのよね~」 と語りかけても

今やキョトン??でしたからね~.



自分から 「歩こう!」 とも言ったそうです.

いつも自分から言うことは決してありません.

自宅では私から誘導しての歩行訓練,

手を取り合ってふたりでお部屋徘徊なのです.


でスタッフと歩いたそうです.


歩行訓練を毎日するものとわかっている!? のでしょうか!?



そしてトイレにも

向こうにいるスタッフを呼んで

「大(おしっこ)がしたい」 ときちんと伝えたそうです.


大抵はこちらからの声かけ誘導でのトイレ介助ですから.



帰宅時近くには,

「もう帰れるの」 と時間帯を認識しての言葉も出ていました.

この発言は

今の母には全くあり得ないのビックリですよ.




認知症の進行と共に

はあ~~もうありえないと思っていた言動でした.


母は認知症治療薬は一切使っていないのですよ.



「フェアー」でのその様子を思い浮かべて

私の脳の中は

オキシトシンやらベーターエンドルフィンやらの「脳内快感物質」が

ドパドパザバ~と一気に大量放出された感じ 

な~んて,そんな感じですよ~~ 


介護をやっていての,

家族の私へのご褒美ですね~~


「フェアー」のスタッフ皆さんにも感謝です 



帰宅後も

数字言語をほとんど言わず,ちゃんと日本語でしゃべっていますよ~

すごくご機嫌です 


よしッ,この調子でいこうねッ おかあさん.



しかし,

母のアルツハイマー病認知症は不思議.



          クリックお願いします ↓
                 















*** COMMENT ***

cocoさんへ

こんばんは~e-343

いやもう~~ご褒美ご褒美てな感じでしたね~e-328

認知症介護は
残された脳神経細胞にどう働きかけるか,
それがとても重要ですよね~

ところで
cocoさんのところは力仕事が減り,
それでcocoさん自身の身体的な負担が軽減されて良かったですe-465
女性で老人である母の身体介助でさえ,
その重さに閉口するときがあります.
それが成人男性ですからね~・・・
とにかく良かったです!

介護を続けると
必ずご褒美があります.
cocoさんにも必ずありますからねv-218

思わずニコニコしちゃいました

おおお~なんて素晴らしい!
文字通り、なくしてしまったと思っていたものを再び見つけた喜びですね。
Juliaさんの日頃の温かい介護が実を結んだというか、いいご褒美を頂きましたね~。

認知症治療薬は、病気を治してくれるわけではないので、飲ませ続けることには私も疑問を感じています。
でもまぁ、最低限の量に減らしつつ、それでも続けている意気地なしの私です。(笑

やっぱり、本人を取り巻く環境、それと介護する方の明るい積極的な関わり方が、いい影響をもたらすんだなーと記事を拝見してつくづく思いました。
このところ、ヘルパーさんに入って頂いたこともあり、力仕事は半分に減って、身体的にもストレスがなくなりました。
私も明るく楽しい介護を続けたいと思います。
夫も、なにか、日本語でお話してくれるかな~?
英語でもいいんだけど...。(違

素敵な記事、読ませていただいて、ありがとうございました。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう