FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

07月« 2019年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 母にお客様♪

母にお客様♪

今日,母は「フェアー」はお休み日 




14,01,21 1

新玉ねぎが手に入りました. ヤッホ~ です.

サラダ用に生で食せます 


普通の玉ねぎを水にさらすと

成分の硫化アリルが流れ出てしまうので

さらさずにいつも酢を使って辛味を和らげていましたから.


今日の朝ご飯
14,01,21 2

グリーンレタス・新玉ねぎ・トマト・鵜骨鶏の卵 (頂きもの 

塩ラッキョウ. 玄米+ゴマ.

ちじみほうれん草・椎茸・生姜たっぷりチキンボールのスープ.

    玉ねぎ,甘かったァ~~~ 




「フェアー」お休みの母に会いに

母のお客様がふたりお見えになりましたよ 


ひとりの方は

母が最初の老人ホームに入居していた時のケアマネ.

もうひとりの方は

その老人ホームが2つ目の施設を作り,そこに母が移動した時のスタッフの方です.


このお二方には

母は本当に心遣いされ,寄り添って頂き,お世話になったのですよ 


経営者が介護理念の全くない人物でしたので

利潤追求のみが目的の施設内においては

入居者にとって中々過酷な状況の中,

母に寄り添って頂きました.

その頃,

母とあまり関わりのなかったせいもあり,

介護のかの字も知らない私にとっての救いでもありましたね.



母を自宅に引き取った後,

ケアマネの方からはいつもいろいろアドバイスを頂いていました.

でもこのケアマネともホント久しぶりでした 



「認知症の改善と安定に必要なものは

薬でも病院でもなく,

この病を十分に理解しての寄り添う心と適切なケアです」 という理念の持ち主です.


私は彼女が言うこの理念が母への介護の原点なんですよ.

これを追い続けて今の母と私の生活があります.



スタッフの方は

母がいた老人ホームを辞めて,

このケアマネが起した介護事業所で働いています.

ケアマネの資格も取っていました 


今の母を見てとても喜んでくださいましたよ.



丸6年経って認知症の進行あれど,

ず~と体重も変わらず,

便秘も解消され,

(当時はそりゃ~もう~凄い便秘でしたからね~

血圧降下剤以外は認知症薬も含めて薬に頼らず使わず,

しっかり食べて排便順調で歩けていることに.


私との生活の中ですっかり穏やかに落ち着いている母に です.



今日は

母の今後の介護方針の相談にも乗っていただき,

アドバイスも頂きましたよ 



母は時々ふたりの顔をじーと見つめていました.

今の母は何かを,あるいは人の顔を見つめることはありません.


なのに見つめていましたよ,きちんと.

何かをちゃんと感じていましたね~.

ありがとう ということでしょうか.



母は幸せな人だな~と思いました.

そしてそれは私もなのですよ.


この縁に感謝です 


          クリックお願いします ↓
               












*** COMMENT ***

lotosblumeさんへ

こんばんは~e-343

夜のニュースで
「明日明け方は冷え込む」と伝えられると
あら,真冬なのね と思ってしまいますが
日中のお日様,
その日差しは春を予感させるものがありますよね~

はい,今ひたすら情報収集です.
母にとって何が一番よいか,
いかに介護生活を快適に送れるか,母と私が ですね.

昨日のように
母の実際のケアや介護サービス関係ない人達のアドバイスは
とても助かりますし,ありがたいです.

新しい環境は更に母と過ごす時間が増えることでもあります.
仕事とのバランスを取りながら楽しみたいと思っていますよ~.

ありがとうございますe-328

インフルエンザとノロの大(?!)流行が始まりました.
高齢者を抱えての生活.
お互いに気をつけましょうね~

NO TITLE

お母さま、お元気そうで良いですね。
冬が峠を越した、そんな感じの今日でした。
これからも感の戻りはありますが、春の気配もありますものね。
冬を越せたと私もホッと一息・・・まだ油断はできませんけど・・

準備がだんだんと整ってきているようですね。
やはりプロの方は情報量が違います。
頼りになりますし助かりますよね。
お母さまにとって、新しい環境も、楽しいものとなりますように!
juliaさんとず~っと一緒ですものね。
前より楽しいかもしれませんね~


COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう