Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 思い出たっぷりのすき焼き♪

思い出たっぷりのすき焼き♪

今日も良いお天気でした  



最近毎日お天気を気にします。

それ次第で翌日の午前中、

母とどう過ごすか、サッとイメージして予定をインプットします。


車いすを使って出かけるか、

歩行補助器で「フェアー」に直行か です。



今日は私は授業がありましたので

「フェアー」に向かう時、

迂回して歩行量を上げるだけでよそには出かけませんでした。


母は歩行補助器を使って歩いていましたよ 


やはり補助器を使うととてもスムーズです。

両手で握りを握ってバランスを取っています。

私とのお手手繋いで より安定感がありますね。



歩行補助器と車いすの一体型がある と

コメントで教えていただきました 


ちょっと相談しながら現実に利用しながら

考えていたのですが、

広範囲に動くなら

車いすの方が安定感があり丈夫だ と言われました。

一体型は車いす用にでななく

あくまで歩行補助がメインであるとも。



そして

わたし的に考えたのは災害時です。


避難が必要な場合、

母は当然車いす使用となりますが

そのためにもやはり安定感のある車いすが一番だろう と思いました。

ここが重要ポイントでした。


なので車いすと歩行補助器は

別々に使いわけて利用することにしましたよ。



今日は

母は「フェアー」  へ、私はお仕事 


そして

介助されながらも足取りも軽く(昨日よりも)、階段を昇って帰宅です。



そしてすぐに晩ご飯。

私がヘロヘロォ~~~


「お母さ~ん、今日はすき焼きよ~  」

「     」 ← 母、全~然聞いていないし~ぃ~。



今日は仕事だったので時短メニューです。

切って煮るだけ 


                  母の手 「あら~これ何~?」
                      ↓
13,11,24 晩ご飯

かぼちゃとトマト。 茗荷の酢漬けと大根・大葉の和え物。 海苔と生姜のお吸い物。


13,11,24 すき焼き


幼いころの父の給料日は大抵、すき焼き でした。


「お父さん、お疲れ様です  」 と母の思いがこもっていたのでしょう~


それと

お給料待ちかねての母にとっての

月1のワクワク日だったのかも  ですね。

昔は現金給料袋でしたからね。


そして

私たち子供達にとっても

そりゃ~特別の日でした~ 「すき焼きだ~~~!」 と。


昔、すき焼きは特別なご馳走でしたよ。


そんな幼い頃を思い出しながらの母との今晩のすき焼きでした 

        お母さん、ありがとうね。そんな気分 



       クリックお願いします ↓
                
 








*** COMMENT ***

michikoさqんへ

おはようございますe-343
こちらは暖房がいらない朝を迎えています。

昔のすき焼きへの思いは
結構皆さん同じかもしれませんね~~

古いブログを読むと
母の認知症の進行ぶりが比べられて
又介護者としての生活ぶりの変化もあって
時がホントに流れている と実感します。

母は進行はあれど落ち着いていますので
私も穏やかな日常を共に過ごすことが出来ています。
ま、母と一緒に生きる介護生活の、目指したこのではありますよ、これが。

そちらの気候はどうでしょう~?!
今日も素敵な一日をお過ごしくださいねe-343

NO TITLE

すき焼き美味しそう〜。
本当に昔はすき焼きはご馳走でしたね。
母がお給料日を指折り数えていたのも覚えています。

情報を有り難うございました。
2009年のブログを拝見出来ました。もう少し辿って覗かせていただきます。

親孝行それぞれの道をこれからも歩んでいきましょう。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう