FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

03月« 2020年04月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 4.進行していく認知症

4.進行していく認知症

                         着物好き



母は、着物好きでした。

宝飾類にはあまり興味なく、腕時計があればいい という人。

着物好き といっても、贅沢として着るのではなく、
日常的に着てることが、多かったものです。

それらの着物を 私が、母の家から全て移動して、保管していましたが、
ここ数年、私も着る様になりました。

着物を含めて、それに付属するもの全て、
足袋も小物も・・・・母の使っていた物を・・・・私が買った物はありません。


先日、私の大ドジ、背中打撲で
それ以来、背中を帯で締め付けての、コルセット代わりに、着物着用が多くなりました。



私の着付けが終わります。

         「あらぁ~、素敵な着物だこと~ 

         「いい色ねェ~その帯~ 
              
              ・
              ・
              ・
            えぇ~とォ~  あなたの着物だけどォ・・・お母さん・・・



着物好きだったからでしょうか、

       着物を見ると目を輝かせます 


     でも、それらの着物が、

        自分が好きで買った、

             自分が大事にしていた着物とは

                 全~然、認知できませんです。





昔の人である母は、自分ひとりで覚えた着付け。

以前は着物に興味なかった私も、着付け教室と本で、とりあえず、ノウハウを。
母の着物を着るために。



もし、母が認知症になる前に、

二人で着物の事を

「こういう帯の結い方もあるよ・・ああだ・・こうだ・・」と話せたら

どんなに楽しかっただろう・・・・・!


       それを思うと チョッと 切ない・・・・・です。




    私自身も老いて、せっかく母との共通点を見出したと思ったら、

                   母は、その先の自分の世界に、進んでおりました。
 




   人気ブログランキングへ
             ブログランキング参加中
                    2ヶ所クリックお願いします

   


*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう