FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

12月« 2020年01月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»02月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 我が家でのお風呂

我が家でのお風呂

先日11月24日の記事で

母の入浴介助で
浴槽をまたがせるのが、中々大変なのだァ~と書いたら、

ケアマネをしている友人が

介護用の浴室用踏み台と、
もひとつ浴槽に掛けて置き、そこに1回座してから湯船に入るという優れものの器具を
先日、持参してくれました。


それを見た私は、

「あらぁ~こんな仕組みのものがあるんだぁ~」
                              と、感動しながらも、

「ところで、もっと早く自分でも気付けよね、君ィ~、そういう物があるはずであることをッ」

                                             と、おもわず自分に呟き。



母の介護を通して知り合ったのですが、今や、大昔からの友人だった状態。

一人独身介護で私自身の家族はなく、
又、姉や妹も 全く全然これっぽっちも本当に 当てにならない中で、

母が体調崩したり、
介護においての、この場面のそのやり方がわからない という時とか、
母にとって、どっちの選択肢がいいのか迷う時とか、
介護サービス法令の矛盾に、一体何故??と判らない時とか、             
             ・
             ・
             ・  

       相談相手のない私は、すぐ彼女に電話か、メール。


       的確な指示とアドバイス。


       私と母との介護生活が、穏やかな、普通の生活を維持出来ていられるのは
       彼女のこの的確な指示とアドバイスがあってこそでもあります。 



認知症の改善と安定に必要なものは
    病院や薬ではなく、

        病気への理解と適切なケア、
            そして寄り添う心です。

         という信念の人、それを実行してる人。




専門性が高く、愛情深い彼女に担当され、寄り添われているお年寄りの方達は、
穏やかで幸せであるに違いありません。

私の確信!



つう事で
早くその器具を使って母を入浴させたかったのですが、


      お母さん、 
          風邪ひいちゃいましたぁ~




日曜日の夜から 声がかすれ始め、
翌日、咳を2回、鼻水チョロチョロチョロリ~、声はさらにかすれ・・・
でも熱は平熱(ホッ、とりあえず)。

即、内科受診。
新型、季節性インフルエンザではなく、風邪のひき始めとの診断。

熱がないから、とりあえず消耗感はなく、
本人、当然、風邪の自覚なく、
服薬も利いて、

あっという間の回復方向へ。

完全に回復したら、
       大好きなお風呂入ろうね、お母さん、あの器具使ってェ~~




声はかすれてハスキーボイスの母は
今、私の横で 「9 たす ろぐ(6)は・・」 となまりながら
ぶッちぎりのご機嫌。

明日午前中は脳外科の定期検診日。




    人気ブログランキングへ  
                     ブログランキングに参加中
                            2ヶ所クリックお願いします。




*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう