Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

09月« 2017年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 急激にきましたね。。。BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 急激にきましたね。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急激にきましたね。。。

秋になりました。

夜の外は肌寒いくらいです。



「フェアー」のケアマネさんが月いち訪問でした。



休息日一緒に過ごした母の歩行は不安定でした。


腱鞘炎はそれなりに落ち着いていますが

若干の体温高めは続いています。


ニコニコ振りもおうちでやるリハビリは

いつも通りです 



でも昨日お昼に

「フェアー」へ向かった時点での階段の降りは

一歩一歩交互にして降りるのではなく、

両足階段に置いてからの歩行でした。


前日より今日 という急激な悪化が見られました 




この時点で

私の中で

先日「フェアー」で母の歩行に関する問題に関して

話し合ったときの段取りを

実行することにきめました。




帰宅の送りは

○ 「フェアー」のスタッフにお願いすること。

○ 私は電話を頂いた時点で住宅階段下で待機。

○ 私とスタッフふたりの介助と、

  あるいは見守り支援での階段昇りということに。

○ 車椅子ごとの運びになるかもしれません、スタッフと。
  (いつかは)


4つ目は車椅子階段昇降機の搬入予定です。

多分私単独で昇降が出来るはずでしょう、多分。




ケアマネさんが来る事前に

「フェアー」の看護師さんと

この間の母の急激な歩行を含めた

身体的変化に関して、

電話でミーティングをして

確認事項やらアドバイスを頂いて、

それを元にケアマネさんとの

更なる方針決定確認事項となりました。



昨日のお昼「フェアー」通いの時点での

階段の降りが難儀しましたので

帰宅時の昇りは

さらなる相当の困難が予測され、

昨日から「フェアー」からは車椅子で帰宅。


階段は

私とスタッフのふたりでやるという予定を

ケアマネさんと組みました。



初めてなので

自分でまず確認したい ということで

ケアマネさんが母と一緒に帰宅してくれましたよ。



あれ~~~でした 


母、全く昇れませんでしたよ・・・・・。


脚を上げることが出来ません。

次に脚を進めることが出来ませんでした。


その可能性は予測はしていましたが

あまりの急激さで

私は内心愕然でもありました。



といっても

ケアマネさんがいてくれたことにより、

何事もなく終了いたしましたよ 



これから通所の帰宅に関して

この方向で行くことに確実に決定しました。



送りの帰宅時間は

以前より1時間ほど早めの

17:00から17:30の間です。

仕事のスケジュールの調整が必要となります。




帰宅後おうちの中では

不安定ながらも今まで通り、

おトイレや椅子から椅子の移動など歩いていますが

でもあまりもう歩きたくないようです。


おうちの中はまだですが

外は基本的に車椅子利用とする予定です。



一昨日のお休みの日も

「歩かない、座っている」 と

立つことを拒否しました。


今まではそんなことはありませんでしたから。


母は自分の意志を示してくれたんですよね。


なので

「そうね、今まで頑張ってきたから

歩く の頑張りはもういいですよ」
 という気持ちです。


私は母が出来るだけ歩けるように

母が嫌にならない範囲で

ギリギリ引っ張ってきましたからね。




そして突然、

母の脳の中での運動野の機能が

急激に落ちました。


原因はわかりません。

腱鞘炎との関連があるのかもしれません。

高齢でアルツハイマー病ですから。

でもそれもわかりません。




脳と身体の連動性を考えたら

勿論歩いてもらうのが一番です。


でもいいのですよ。

ホント、母はいっぱい頑張ってきましたので

これ以上何も無理しなくても ですね。



高齢でアルツハイマー病の進行による

次のステージが来たと言う事です。


とうとう歩行がダメになりつつありますが

食欲あって普通に食べられ、

排泄も順調で、

そして何よりニコニコ穏やかです。


このまま母が

母なりの安心安全での楽しい幸せ感でいてくれたら で、

十分ですね。


いつか来る更なるステージまで。

その時は又その時でね、お母さん。

腕まくり 




朝ご飯

13,09,18 朝食

  グリーンリブス・トマト・バジルをガーリックオイルドレで。

  シャケ・赤黄パプリカ・エリンギ・玉ねぎのピラフ。

  ジャガイモ・人参・キャベツ・カボチャのスープ。

     スープはいつも瑛太ご飯のチキンボイルで出たスープ。重宝 



便秘対策用に 

13,09,18 小豆かゆ

 アズキと玄米。

 今回は甘くしました。 まるでぜんざいと変わりません。

 3、4日に一回くらいの割合で。

 母にはよく効きます。

 おかげでとても順調です 


     クリックおねがいします ↓
            

      昨日から玄関に置いてある車椅子を見て

      母の次のステージに来たんだわ と実感です。
 







*** COMMENT ***

じへりん母さんへ

こんばんは~e-343

時が流れて介護をしている中、
この形で来るとは思いませんでしたよ。

引き金は腱鞘炎ですからね~。

でも歩けるのですよ。
歩こうという意志は強いです。
但し、当然痛みがなければ のことですが。

在宅24時間介護が近づいているのかもしれません。

かといって
階段の昇降がクリアできれば
通所は可能でもあります。
皆さん、車椅子通所の方も多々ありますからね。

通所一時間短くなって
自分の時間が削られると
仕事のバランス取るの、大変~です。

頑張ります e-271
こんなものでしょう、介護は。人生は。
何がいつ起きるかわからない ということで e-284

事態を見守り中ですよ~

NO TITLE

こんばんは

「いつか、こんな日がくる」と予測していたとはいえ、これまでさしたる予兆もないまま、あまりにも突然の変化の激しさに、ただただ驚いてます。

juliaさんの生活サイクルもまた変化を余儀なくされますし、身体はもちろんのことですが、どうかご自分の心の方にも、気をつけてあげてくださいね。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。