FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

11月« 2019年12月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»01月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 笑顔だけでいいのです。

笑顔だけでいいのです。

今日は外の日差し強く、

暑い一日となりましたが

家の中は風が吹き渡っておりました。



母「フェアー」お休み、

皆で過ごす我が家の休息日で

「風が気持ちいいわね~  」 と、

母に声かけしながら。



今日の母は

昨日とはちょっと又様子が違いました。


昨日は

母は受診の後、

「フェアー」でお預かりをお願いしてました。

私が自宅で仕事のためです。


迎えに行った時、

母は左に傾いでおりましたよ~・・・


自宅の外階段を登るときは

壁に身体が左に傾いで コン と頭をぶつけてしまったり でした 

足を上げて登ることは問題ありませんでした。


母の脳の中で何が起きてるの?! 

ドキドキの私でした。



今朝、

母を起こすのにドキドキの私でしたが

何と言うことはない、

お母さん、満面の笑みでした。


そのまま母のベッドの中へ潜り込みました。

お母さん、私を相手におしゃべりおしゃべり~ 

まあ~楽しそうでしたよ 


この間の母は、

表情も暗くなりがち、

ニコニコも言葉も少なし でしたので

私はとてもホッとしました。

嬉しかったですね~。 




心地良い風を感じながら

一日を過ごしました。


腱鞘炎部位は

若干の腫れがあるものの、

熱感なく発赤もなく、痛みもなさそうでした 


前日の、頭が身体が左に傾ぐのは全く見られませんでした 




でもですね、


計算ドリルを出してみました。

全く出来ませんでした。


そして

異食の傾向がはっきり見られました。

突然です。


計算ドリルをちぎって食べようとしました 


テーブルの上にあるもの(食べ物ではなく)色々を

「これ食べていいの?」 と聞いてきました、何度も。




手の炎症による痛みと違和感も治まって

母は楽になり、

私もそれに関してはとりあえずの ホッ ですが

まぁ~今日はそれとは別のことが出てきてました。

予期せぬことでしたよ。


でもいいのです。

母はアルツハイマー型認知症ですからね。


ただ笑顔でいてくれればいいです。

それだけでいいです。

母の笑顔は

母の楽しい感と幸せ感のバロメーターだと思っていますから。


それさえ維持できれば と願っています。


認知症の進行に関する問題は

出来なかろうとわからなかろうと

何をやらかそうと

私が代わりにやって見守って気をつければいいことですから。



  今日のお昼ご飯
  13,09,12 お昼ごはん

  お昼はいつもとかわらずの お蕎麦 でした。

  玉ねぎ・しめじ・卵で。




       クリックお願いします ↓    
              
 
        計算ドリルはできなくなり、

        訳わからなく何でも口に入れて食べようとし、でしたが

        でもとてもニコニコおしゃべりさんでした 








*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう