FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

07月« 2020年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … クリスマスタイムに突入

クリスマスタイムに突入

          12月1日から本格的クリスマスの時期に突入。




アメリカやオーストラリアなどキリスト教の欧米諸国のこの時期の、
本格突入の意味は、クリスマス商戦の始まりを意味します。

今年のアメリカは、リーマンショック等のあおりで
11月からクリスマス商戦が開始されているとの事。

お店によっては、
年間売り上げの30%から40%をこの時期に稼ぐ場合もあり、
リーマンショック以来の景気の底冷えの中、

前倒しで期間を延長して、売り上げに繋げようと・・・・!
という事らしい。




この時期から、各家庭は、居間にクリスマスツリーを飾り・・・・

   24日のイブまで、ツリーの下には

           家族の To 誰々 と書かれたプレゼントが

                          少しずつ積み重なっていきます




日本における クリスマスプレゼントは、
豪華一点主義的傾向がありますが、

向こうは、ひとりが貰える数が中々、多いのです。


以前、オーストラリアの友人宅に長期滞在したとき、
丁度、クリスマスの時期にぶつかりました。

彼らは別に敬虔なキリスト教徒という訳ではなく、
多分、極めて一般的な平均的オーストラリア人家庭。


ところで

ニューヨークでのクリスマスは
寒い時期の、
サンタさんが煙突からやって来る 的、
日本とも同じような感覚の、ホワイトクリスマスですが、

オーストラリアのそれは、季節が逆のため、

タンクトップに 短パンの ぶッちぎりの真夏の太陽の下

         
          暑いッ!熱いッ!




その時、私の為のプレゼントも
友人から、その家族から、
ツリーの下に積み上げられていきます。

私もまた、友人とその家族の為に、
プレゼントを積み上げていくのです。


バスキャップあり、アボリジニの人の作ったアクセサリーあり、
可愛らしいキャラのタオルあり、靴下あり、スカーフあり、
キャラ物鉛筆があり、本あり・・・・・a lot・・・・・
そして、メインのより高価でゴージャスな一点も・・・・

普段の、ちょっとした買い物のついでに、
「あ、これ可愛い、誰々用に」とすぐ購入。

メインのプレゼントは時間を取って、それなりに買いに出かけますが、
それ以外の物も ちょこちょこと。

1人が、それぞれの家族の為に
3~5個位、を購入しますから、貰える数も多いのです。



  12月初めからツリーの下に延々と積み上げられたプレゼントを
 
     25日0時になった途端、 

        「メリークリスマス 」 と言い合って

               それぞれ、一斉に開けておりました
 



つう事で、

日本国民全般、キリスト教徒とは、私も含めて、いえないわけですが・・・

とりあえず、今日から

     我が家(今日は玄関だけですが) とお店の

            クリスマスタイムのための飾りつけ開始。



玄関のリースの飾りは、母がお手伝い。

クリスマスの意味が今や、わからんちんの母ではありますが、
  リースに点ける個々の飾りを見ながら
     「あらぁ~綺麗だ事ぉ~」 とご機嫌。 



        人気ブログランキングへ   
                         ブログランキングに参加中、
                                        2ヶ所クリックお願いします





*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう