Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 一緒に書き物 ♪

一緒に書き物 ♪

起床時は

空一面がドンヨリ、そして小雨。


日中は

低く垂れ込めた灰色の厚い雲の、

さらにその上に

太陽を伴った青空と白い雲が見え隠れする、

妙なお天気でした。




今日は

我が家の休息日です、母「フェアー」お休み 


外気温が問題なくなった午後に

母を連れて 歩きましょう  で

いつものドラッグストアへと出かけましたが

風が思ったより強く、

外へ出た途端、U ターン 


外階段を上り下りしただけでも

「それだけでもいいわよね  」 ということに。




公文の計算ドリルを買いました。


母が書いた鉛筆書きの答えを

いつも後で私が消しながら使ってもらってます。


そろそろ紙が消しゴムで消されるのに

耐えられない状況に。

  新ドリル



午前中、

私はダイニングテーブルで授業の段取り等の書き物でした。


母は私の対面に座り、

ひとり指遊びでした、ご機嫌 


と、

母こう言いました、つぶやくように指遊びしながら。

「私にはなんにもないのよね・・・・」


私に向かって言ったわけではないのですが

「あら、ごめんね~はい、これ」 と

新しい計算ドリルを開いてあげて渡しました。


書くのに最初は誘導が必要なんですよ。

時には鉛筆が何をするものかわからないですから。



私が書き物をしている時、

母は計算ドリルをしている時がとても多いのです。


母の頭の中で

いつものそれが繋がったようでした、今日は 



計算ドリルをしたい ということではなく

自分も何かをしなければ、しよう ということなのです。


認知症で何ももうわからない という

その漠然とした不安の中、

その不安を打ち消そうとする感覚がでるのかもしれませんね。



重度の認知症ではありますが

私が何かをしている というのをみて

自分も何かをしよう という意欲が

こうしてたまに顔を出すんですよ、母の場合。



  今日の夕食

  13,09,04夕食

サラダほうれん草にベーコン・玉ねぎ・ニンニクでトッピング + トマト(ふたりで)

赤・黄パプリカのマリネ。このマリネ液、ハチミツとレモンの絞り汁。優しいお味。

鯖の塩焼き。 舞茸・コンニャク炒め煮。

玄米ご飯 + ゴマ。 サツマイモのお味噌汁。



本当は

ゴーヤチャンプルを作る予定でした。


買ってきてあったお豆腐が絹ごしでした・・・

で、明日の朝食用の鯖に変更です。

(鯖の皮目、真っ黒です  )




        クリックお願いします ↓
                

            母にはパプリカのマリネ、

            硬すぎたようでした。

            千切りにしてあげました。 完食。 










*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう